Amarengo

Articles and news

ヘパリン誘発性血小板減少症およびMay-Thurner症候群 | Amarengo

Discussion

ヘパリン誘発性血小板減少症はまれであるが重篤なヘパリン療法の合併症であり、HITの発生率は未分画ヘパリンで3%から5%、低分子量ヘパリンで1%未満である。 出血がヘパリンの使用の設定の臨床医への一番の心配の複雑化正当に間、thrombotic複雑化は均等に致命的である場合もあり、また考慮されなければなりま 本症例の患者は,多発性大心内血栓と急性両側下肢Dvtsを伴う広範なHIT血栓症を有していることが判明した。 彼女の血塊の負担を考えると、彼女は肺塞栓症と心肺妥協のリスクが高かったので、彼女の罹患率と死亡率のリスクを減らすために迅速な介入を必

HITは、複数の臨床症候群を包含し、血小板減少症の非免疫病因も含むことができる。 しかし、pf4/ヘパリン複合体に対する免疫グロブリン(通常はIgG)による血小板の活性化は、最大の臨床的関心事の病態生理学的メカニズムである。 血小板活性化PF4/ヘパリンIgG複合体は、典型的には、ヘパリンへの曝露の5-15日以内に形成され、血栓塞栓事象の20-50%のリスクおよび20%の死亡率と関連 HITの設定における心臓内血栓の以前の報告は、心原性ショックまたは不整脈を伴う重篤な患者を記載しており、それ自体が心臓内血栓の形成を素因 この症例では著しく,患者は血行力学的に安定で無症候性であり,心肺妥協の兆候はなかった。 彼女の症例は、患者の明白な臨床状態にかかわらず、血小板減少症の設定における代替治療的抗凝固のためのヘパリンを中止するための低いしきい値の重要性を強化するのに役立つ。

HITの管理における新規経口抗凝固剤(NOAC)の使用は、新たな研究対象である。 臨床経験は、まだ限られているが、ヘパリン中止直後およびアルガトロバン療法後の両方で、NOACに移行したHIT患者において良好な血小板数応答および忍容性を示している。 私たちの患者は入院中にアルガトロバン療法の合計10日間を受け、再発DVTのリスクを与えられたアピキサバンが生涯抗凝固のために開始されたとき、彼女の血小板数は209K/μ lに回復していた。 彼女は10日間毎日二回mgの負荷用量を受け、外来患者として毎日二回5mgの維持用量に移行した。 彼女は彼女の2週間と3ヶ月のフォローアップで再発血栓症の証拠なしに残った。

この患者は、CTで右総腸骨動脈による第五椎体に対する左総腸骨静脈圧迫の証拠を明らかにしたとき、静脈血栓に対する解剖学的素因を有することが偶然に見出された。 この所見は,左腸骨静脈圧迫に続発するlle静脈不全を特徴とする病理学的状態であるMay-Thurner症候群を示唆している。 圧縮が通常生理学的であるので、月Thurnerシンドロームはまれに再発DVTsのworkupの間に考慮されません;全くシンドロームは例の2-3%だけのDVTとして示します。 しかし、CTスキャンのレトロスペクティブ分析は、最大24%の有病率を示唆しているので、月-サーナー症候群は、血栓症への他の局所的な素因なしに再発DVTsを持つ若

の研究は、静脈ステント留置による病理学的不全の血管内矯正が症状を改善する可能性があることを示唆している。 既存の血栓および血栓症は、血管内静脈ステント留置の技術的成功および結果に影響を与える可能性がある。 我々のケースは、既存のヒット誘発性血栓は、超音波増強tPA血栓溶解、血管形成術、およびステント留置が完了した前に心房血栓切除術によって治療された段階的な血管内介入の成功に続いて、アクティブなHITの設定で最初の静脈ステント留置介入の失敗を示しています。

HITは、ヘパリン療法中に血小板減少症の発症が遅れた血栓性イベントのために入院した患者において重要な考慮事項である。 DVTに対する解剖学的素因の設定における広範な血栓症を有するこの患者におけるHITの厄介な潜在的な結果にもかかわらず、彼女の比較的若い年齢と優れたベースライン機能能力は、彼女の心内血栓と彼女の急性Dvtの両方の成功した段階的な血管内管理を容易にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。