Amarengo

Articles and news

コントラスト増強超音波を伴う肝血管腫の非定型出現 | Amarengo

議論

肝血管腫は、ルーチン超音波スクリーニングの広範な適用のために以前よりも頻繁に検出されている。 病理学的には、血管腫は、線維性中隔によって分離された多くの内皮が並ぶ血管空間から構成され、それらの構成血管空間の集合的な大きさは変化 他の肝腫瘍からの血管腫の分化は非常に重要である。 CEUSは、肝血管腫の正確な診断を著しく改善しており、これは約95%の症例で可能である。 それはそれ以上のinvestitationを要求しないでほとんどの場合hemangiomaの診断を提供できます。 しかし,増強されたパターンが非定型であった場合,それはいくつかの不確実性を引き起こ U sおよびCEUSに対する肝血管腫の非定型出現に精通することは,手術および組織学的検査前の正しい一次診断の速度を増加させる。 本研究では、11血管腫は、遅延または門脈相でウォッシュアウトを示した、このシリーズで説明されているそれらの共通の特徴は、グリソンのカプセルの近くにあるケースでは、グレースケール超音波上のそれらの周辺位置であった。 血管腫は,サブタイプ(i)と同様に,遅延期に隣接する肝実質に比べて低エンハンスを示した。 ウォッシュアウトのメカニズムにはいくつかの仮説があり、ほとんどの研究者は、造影剤の進行性血液希釈とこれらの病変の遅い血流のために十分に補償されなかった長期のインソネーションによるマイクロバブル破裂のために発生したと考えられていた。 遅延期にウォッシュアウトを示した血管腫の大部分は肝臓サブカプセルに位置し,グリソン嚢の近くのいくつかは同じ状況を示した。 Giannetti A et al. 動静脈および動静脈シャントを有する血管腫は門脈初期に洗い流され,造影剤の急速な排除を引き起こしたと考えられた。 遅発期または門脈期にウォッシュアウトを伴う血管腫は,悪性肝腫よう,特に転移との鑑別が必要である。 Bhayana et al. これらの病変と転移との鑑別診断は、転移においてはるかに迅速に起こるマイクロバブルの排除に必要な時間に基づくべきであると考えられてい これらの11血管腫の間に、7例は、コントラスト強化磁気共鳴(CEMR)を受けた、ウォッシュアウトは、すべてのケースで見られませんでした。 磁気共鳴(M r)造影剤は血管外平衡相を有し,検査の遅延相中に血管腫の間質部が充填され,隣接する実質と比較して過等間隔の外観をもたらした。 末梢結節の増強および動脈および門脈期における求心性充填の進行について,ウォッシュアウトによるceus上の非定型外観を有する血管腫と診断した。 後期のウォッシュアウトに加えて,ceus上の肝血管腫の次の最も一般的な非定型出現は,サブタイプ(i i)およびサブタイプ(iii)と同様に,すべての血管相におけるフィルインの進行なしに末梢増強であった。 血栓出血エピソード以来、嚢胞性変性、線維症またはhyalinisationとカルシウム沈着が発生する可能性があります。 末梢結節増強は動脈期の血管腫の典型的な特徴であり,末梢結節が高等エコーを持続する場合,肝血管腫の診断に有用であった。 しかし、末梢循環増強は、転移および炎症などの他の良性および悪性の肝腫瘍で見られるため、いくつかの不確実性を引き起こす可能性がある。 全強化の期間中の対照の強化なしで、サブタイプ(iv)のように、血管腫、K.の非常にまれな出現はちょうどあります。 Mitsudoは,花輪のように配置された複数の斑点状石灰化を有し,コントラスト増強トモグラフィーでは増強を示さなかった肝海綿状血管腫の症例を報告した。 術前に古い化膿性膿ようまたは嚢胞腺腫と誤診した。 ケース19私たちの研究では32歳の男性だった、彼は複数のむら石灰化と明確なマージンを持っていた肝セグメントVIIで3.5cm*3.1cmを測定する高エコー質量 CEUSとCEMRの両方がコントラストが強化されていないことを示し、T2重み付けMRイメージングでは、流体–流体レベルで高い信号強度が見られました(図4)。4). CEUSは古い化膿性膿ようと診断し,CEMRは肝嚢胞と診断した。 コア針生検を行い,病理組織学的検査で透析血管とコラーゲンを認めた。 患者自身が手術を求めたので、部分肝切除が行われた。 組織学的診断は血栓症と石灰化を伴う海綿状血管腫であった。 コントラスト増強のない肝腫ようは海綿状血管腫の診断を排除すべきではない。 肝血管腫の非定型的な特徴では多嚢胞性の出現は非常にまれであり、いくつかの症例が報告されていた。 ケース20私たちの研究では、48歳の女性だった、彼女はミックスエコー質量測定を持っていました7.8*6.7*6.9 右の肝臓でcm。 周辺部に多房性嚢胞部と中心部に星状エコー原性部から構成されていた。 CEUSでは,中隔および星状部は隣接する実質に比べて等方性を示し,嚢胞性部はすべての血管相を通じて増強を示さなかった。 MR画像では、病変はT2重み付け画像で明るい信号強度、T1重み付け画像で低い信号強度を示した。 CEMRの所見はCEUSと同じであった(図(図5))。5). CEMR,CEUSともに胆道嚢胞腺腫と診断した。 肝部分切除術を施行し,組織学的診断は多嚢胞性海綿状血管腫であった。 血管腫の嚢胞性変化の病因は明確には解明されておらず,原因の一つとしてアポトーシスが提案されていた。 主に嚢胞性の塊はまた、海綿状血管腫の診断を排除すべきではない。 遠心性(インサイドアウト)増強は肝血管腫のよりまれな出現であった。 ダイナミックコントラスト増強c t,CEMRおよびCEUSに対するこの増強パターンも報告されていた。 ケース21私たちの研究では50歳の女性だった、彼女は2.9*2.7cmを測定する左肝臓に低エコー塊を持っていた。 CEUSでは動脈相に中心増強病巣があり,門脈-静脈相に遠心増強が続き,後期に洗い流された。 病変は、強化されていないT1重み付けMR画像上のhypointenseとt2重み付けMR画像上の著しくhyperintenseとして提示されました。 CEMRは動脈相の中心増強焦点を確認し、門脈-静脈相の遠心増強を確認したが、後期相では不完全な充填ではなく洗浄アウトを示した(図6)。6). CEUS,CEMRともに肝癌と診断した。 肝部分切除術を施行し,組織学的診断は海綿状血管腫であった。 この遠心(インサイドアウト)増強は、焦点結節過形成(FNH)を特徴付けるための非常に高い特異性を有する中心星様充填増強と区別されるべきである。 原発性肝癌や原発性肝血管肉腫などの肝悪性腫ようでも病巣内増強の焦点領域が観察された。 悪性腫瘍を除外するためには、コア針生検のようなさらなる調査が必要な場合があります。 ケース22私たちの研究では51歳の女性だった、彼女は肝臓に二つの低エコー腫瘤を持っていた、3.5*2.9cmを測定する大きなものは肝セグメントVIに位置し、3.3*2.8cmを測定する他のものは肝セグメントIVに位置していた、ceus上で、病変は非常に遅いスポークホイールパターンを示し、血管相を通じてhypoenhancedされた。 T2重み付けMRイメージングでは、流体–流体レベルで高い信号強度が見られ、非強化T1重み付けMR画像ではhypointenseとして提示され、CEMRはすべての血管相でわずかに縁が強化されたことを示した(図7)7)、転移と診断された。肝セグメントVIに位置する腫ようでコア針生検を行い,組織学的診断は海綿状血管腫であった。 患者は二年以上にわたってフォローアップされていた。 この遅いスポークホイール増強はまた、常に迅速に増強され、動脈相で高エコーされたFNHと区別されるべきである。 肝血管腫の非定型出現のうち,遅いスポークホイールパターンは極めてまれであり,この出現を記述する報告はほとんどなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。