Amarengo

Articles and news

Lightroom Classicでの表示オプションのカスタマイズ

ここでは、生産性を向上させるためにLightroom Classicで表示オプ

フルスクリーンプレビュー—”Fキーをタップすると、黒い背景のフルスクリーン画像が表示されるフルスクリーンプレビューを切り替えます。 盗難/右矢印キーを使用して、ある画像から別の画像に移動します。 メモ: 単一の画像を選択してフルスクリーンプレビューを入力すると、矢印キーを使用すると、選択したフォルダ/コレクション内のすべての画像が移動します。 複数の画像が選択されている場合、Lightroomは選択した画像のみを循環します。

フルスクリーンモード—Shift+Fは、通常、メニューバー付きのフルスクリーンモード、およびフルスクリーンモードを循環します。 大きなモニターで作業するとき、余分な不動産は超重要ではありませんが、ラップトップで作業するとき、すべてのピクセルがカウント! メモ: Macのフルスクリーン画面モードでは、画面の下部にカーソルを置いてもDockは表示されません。 代わりに、Lightroomが全画面画面モードの場合は、Command+Tabを使用して開いているアプリケーションを循環させます。

Lights Dim/Out—Lightroomのインターフェイスではなく画像に重点を置くには、”L”キーをタップしてLights Dimモードに入ります。 消灯に切り替えるには、もう一度タップします。 もう一度タップすると、通常モードに戻ります。 他の方向に切り替えるには、Shiftキーを追加します。 環境設定>インターフェイスtoを選択して、画面の色と薄暗いレベル(50、70、80、または90パーセント)を設定します。

背景塗りつぶしの色のカスタマイズ-ルーペビューで画像プレビューを囲む領域の色を変更するには、画像を囲む境界領域でControlキーを押しながら(Mac)|右クリック(Win)をクリックします(または、環境設定>インターフェイス>背景塗りつぶしの色を選択します)、目的の背景塗りつぶしの色を選択します。 これは、たとえば、白いマットでマットしたときに画像がどのように見えるかをプレビューするのに役立ちます。 メモ: 背景の塗りつぶしの色を変更すると、ライブラリ、開発、ブックスライドショー、印刷モジュールに影響を与えます。

ライブラリモジュール内のビュー間の切り替え-ビュー間をすばやく移動するには、次のショートカットを使用します。

•グリッドの場合は”G”、ルーペの場合は”E”、Comapreの場合は”C”、調査の場合は”N”、People Viewの場合は”O”をタップします。

•グリッドビューで画像のサムネイルをダブルクリックすると、ルーペビューで表示されます。 ルーペ表示で画像をダブルクリックすると、グリッドビューに戻ります。

•スペースバーをタップすると、グリッドビューからルーペビューに移動します。 メモ: スペースバーを再度タップするとズームインするので、必要に応じてグリッドビューに戻るには、他のショートカット(”G”をタップするなど)のいずれかを使

グリッドサムネイルサイズの増減—ツールバーのサムネイルスライダーを使用するか、”-“(マイナス)と”+”(プラス)キーをタップして、グリッドビューで画像のサムネイルサ

グリッド/ルーペのカスタマイズ表示オプション—Command+J(Mac)|Control+J(Win)表示する”エクストラ”を選択できる表示オプションを表示します。 たとえば、グリッドビューで任意の画像のファイルタイプをすばやく表示するには、Show Grid ExtrasをExpanded Cellsに設定します。 次に、左上にファイルベース名を表示し、右にファイル拡張子を表示するように展開されたセルの追加機能を設定します。 これは、サムネイルが小さく、ファイル名が長い場合にファイル拡張子の切り捨てを回避するのに役立ちます。

• ルーペビューオプションを使用して、ルーペビューに表示する情報を制御します。 “I”をタップして、情報オーバーレイ(オーバーレイなし、情報1、および情報2)を循環させます。 メモ: 情報オーバーレイは、ライブラリ、開発、ブック、および印刷モジュールに表示することができます。

• Command+Shift+X(Mac)|Control+Shift+X(Win)は、セルの余分なもの(インデックス番号、星の評価、カラーラベルなど)を非表示にします。).

•”J”キーをテーピングすると、Hide Extras、Compact、Expanded viewsで切り替えられます。

以下のクイックヒント(Lightroom Classicでの表示オプションのカスタマイズ)では、グリッド表示とルーペ表示の両方をカスタマイズする方法を示しています。

サムネイルバッジ—Lightroom Classicには、画像に適用された変更を識別するためのいくつかの異なるバッジアイコンがあります。

• Command+Option+Shift+H(Mac)|Control+Alt+Shift+H(Win)サムネイルバッジを非表示/表示します。

•フィルムストリップのサムネイルバッジの表示を切り替えるには、環境設定>インターフェイス>フィルムストリップを選択します。 フィルムストリップ内の画像のサムネイルが小さすぎる場合は、サムネイルバッジもビューオプション(評価とピック、インデックス番号、スタック数など)のいずれも表示されません。)が表示されます。 メモ:環境設定>インターフェイス>フィルムストリップ>バッジのクリックを無視を有効にすると、フィルムストリップのサムネイルが小さいときに不意のクリックを防ぐことができます。

グリッド、ガイド、レイアウトイメージの操作—表示>ルーペオーバーレイ>を選択して、グリッド、ガイド、またはレイアウトイメージを表示します。

•有効にすると、Command+Option+O(Mac)|Control+Alt+O(Win)選択したオーバーレイの表示を切り替えます。

•グリッドオーバーレイが表示されている状態で、Command(Mac)|Control(Win)はグリッドサイズと不透明度のオプションを表示します。 グリッドのサイズを増減するには、サイズをクリックしながら左/右にドラッグします。 グリッドの不透明度を増減するには、不透明度をクリックしながら左/右にドラッグします。

• ガイドオーバーレイが表示されている状態で、Commandキーを押しながらドラッグ(Mac)|Controlキーを押しながらドラッグ(Win)して、ガイドの交差部分を再配置します。

•レイアウトイメージのオーバーレイが表示されている状態で、Command-drag(Mac)|Control-drag(Win)を押して位置を変更し、不透明度とマット密度を変更します。

画像の回転と反転—これらのショートカットを使用して画像を回転および反転するのは非常に簡単です。

•Command+(Mac)|Control+(Win)写真を時計回り/反時計回りに90°回転させます。

•ルーペビューで画像をControlキーを押しながらクリック(Mac)|右クリック(Win)し、水平反転または垂直反転を選択します。

ツールバー—”T”はツールバーの表示を切り替えます。 ツールバーの右端にある下向きの三角形をクリックして、表示するオプションをカスタマイズします。下のビデオ(画像の表示と選択)では、Lightroom Classicで画像を選択して表示するさまざまな方法を確認できます。


Julieanne Kost

投稿者:06-09-2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。