Amarengo

Articles and news

Lightroom開発モジュール(7日間でLightroomをマスタリングする)

Lightroom現像モジュール

Lightroom現像モジュール

(Lightroomを7日間でマスタリングする4日目)

Lightroom現像モジュールは、写真を現像(編集)する場所であり、Lightroomでたむろする そこにこのモジュールであなたの写真を編集するための非常に多くのオプションがあり、あなたがここに終了すると、あなたの写真は素晴ら

Developモジュールについて知っておくべきことがたくさんあるので、掘り下げてあなたを指向させましょう!

Lightroom Photoshop Facebook Group

Navigator Panel

前回のレッスンでこれを取り上げましたが、レビューとして、ここで画像のプレビューが表示されます。 あなたの写真のこの小さなビューの上にズームツールを使用すると、長方形が表示され、あなたが開発モジュールのメイン画像領域に表示されるものを決定

これは、適用したいプリセットのプレビューを見ることができる場所でもあります。 プリセット名の上にマウスを置くだけで、プレビューがナビゲータに表示されます。

Lightroom開発モジュールチュートリアル

プリセットパネル

Lightroomは、インストールしたすべてのプリセットと作成したすべてのプリセットを保存します。 個々のプリセット名が表示されない場合は、プリセットコレクションの名前の左側にある開閉用三角ボタンを使用してプリセットコレクションを開 開閉用三角形は、開いているときに下を指します。

プリセットを適用する前にナビゲータ領域でプリセットのプレビューを表示するには、表示したいプリセットの上にマウスを置くだけです。 プリセットを適用したい場合は、それをクリックしてください。

Lightroomで現像モジュールを有効にする方法

スナップショットパネル

Lightroomでは、編集中に任意の時点で写真のスナップショットを撮ることができます。 スナップショットパネルの”+”をクリックしてスナップショットを追加します。

たとえば、あるプリセットを使用して写真を編集したが、別のプリセットを適用してどのように見えるかを確認したいとします。 ただ、バージョンのスナップショットを取ると、あなたが好きなものを決定するために前後に行くことができます。

Lightroom6開発モジュール

履歴パネル

Lightroomの履歴パネルは、Lightroomにインポートしたときから写真に行ったすべてのことを記録します。 これは、私が他の編集ソフトウェアよりもLightroomを使用することを選択した主な理由の1つです。

履歴パネルを使用すると、履歴の任意のポイントに戻ってそこから開始するか、最初に戻ってやり直すことができます。

Lightroomを終了すると、履歴は消えません。 次回Lightroomを開いたときにはまだそこにあり、必要に応じて今から5年後にはまだそこにあります!

Lightroom CC開発モジュール

コレクションパネル

コレクションパネルは、ライブラリモジュールと同じように開発モジュールで使用できます。 実際には、コレクションパネルは、すべてのモジュールで利用可能であり、すべてのモジュール全体で同じように見えます。

ただし、Developモジュール内のフォルダにアクセスできないことに気付くでしょう。 これは、コレクションの作成が非常に価値があり、時間を節約する理由を理解するのに役立ちます。

たとえば、あるセッションの編集を終了して別のセッションに移動したい場合、次のセッションのコレクションを既に作成している限り、Developモジュー コレクションを作成していない場合は、ライブラリモジュールに戻り、その画像のフォルダを見つけてから戻ってくる必要があります。

Lightroom5開発モジュール

ツールバー

開発モジュールのツールバーは、ライブラリモジュールのツールバーと同じ場所にありますが、使用可能なツールは異なります。

私が開発モジュールのツールバーで利用できるようにしたいツールは次のとおりです:

  • 前/後ツール(ボックス内の2つのYで表示-あなたの前/後を表示するためのさまざまな方法のためのボックスの横にある矢印をクリックしてください)。
  • フラグツール(お気に入りの画像にフラグを付けることができます)。
  • 評価ツール(星を使用して画像を評価することができます)。
  • ズームツール(あなたに様々な量でズームインするための便利なスライダーを提供します)。
  • ソフトプルーフツール(あなたの写真をあなたの研究室がそれらを見る方法を表示することができます方法。)

Lightroom現像

ヒストグラムパネル

ヒストグラムパネルには、写真に関する多くの情報が表示されます。 ヒストグラムは、画像内のさまざまなトーンのグラフです。 暗いトーンは左にグラフ化され、明るいトーンは右にグラフ化されます。

あなたができる私の好きなことの一つは、あなたが上に置く写真の任意の領域のRGBカラー値を表示することです。 これは、肌のトーンを編集し、あなたの写真を証明するのに役立ちます。 また、ヒストグラムを直接クリックしてドラッグすることで、写真を調整することもできます。

Lightroom現像モジュール

ローカル調整ツール

あなたの写真の小さな/ローカル領域を調整することができますローカル調整ツール。 これらのツールには、(右から左へ)が含まれます)

  • ブラシツール
  • ラジアルフィルタ
  • 卒業フィルタ
  • 赤目ツール
  • スポット除去ツール
  • クロップツール

これらのツールのいずれかをクリックする ブラシ、ラジアルフィルタ、および卒業フィルタの場合、これらのパネルは基本的なパネルに似ています。

Lightroom現像モジュールチュートリアル

基本パネル

基本パネルは、写真を調整するときに最も使用されるパネルになります。 ここで、ホワイトバランス、露出、コントラスト、シャドウ/ハイライト、明瞭度、彩度を調整します。

これらのスライダーのいずれかを右に移動すると値が増加し、左に移動すると値が減少します。

パネルの左上にあるスポイトは、写真のさまざまな領域のスポイトをクリックすることで、ホワイトバランスを調整するオプションを提供します。 あなたの写真の中立的な領域を選択した場合、これは最適に動作します。 私は通常、クリックする灰色のトーンを探します。

開発モジュールLightroom

他のパネル

私は他のパネルのそれぞれで深さに入ることはありませんか、この記事はあまりにも長くなりますが、私はそれらの簡単な説明を提供し、あなたは続きを読むためにリンクをクリックすることができます。

開発モジュールの使い方

  • トーンカーブパネル:Photoshopで見つかったものと同様の曲線を使用して、あなたの写真のコントラスト、ハイライト、影を調整します。 トーンカーブの調整に慣れていない場合は、ポイントカーブセクションにあるプリセットの一部を使用することができます。
  • HSL/Color/B&Wパネル:HSLは色相、彩度、輝度を表します。 基本的に、このパネルを使用して写真の色を調整できます。 このパネルを使用して、すべての色を完全に削除し、黒と白の写真を作成することもできます。
  • 分割調色パネル:分割調色パネルは、画像のハイライトとシャドウに少し色を追加できる場所です。
  • 詳細パネル: これは、あなたの写真をシャープにするために使用するパネルであり、高ISOを使用するときに発生する可能性のある写真のノイズを減らすことがで
  • レンズ補正パネル:このパネルは、カメラのレンズに起因する歪みや色収差を補正するために使用されます。 また、Uprightツールを使用して遠近法の修正を行うこともできます。
  • エフェクトパネル:これは、量と中点をわずかに左(暗いビネットを作成するため)または右(明るいビネットを作成するため)にドラッグして、写真にビネットを追加するために使用するパネルです。 また、あなたの写真に穀物を追加するには、このパネルを使用することができます。
  • Camera Calibration Panel:カメラプロファイルとプロセスバージョンを変更することができます。

前/リセットボタン

前ボタンとリセットボタンは、現像モジュールの右側のパネルの下部にあります。

前のボタンを使用すると、あなたが開発した最後の写真に適用したすべての同じ設定を適用することができます-超シンプルで簡単! また、適用したクロップ、ブラシ、またはフィルタも適用されますが、写真ごとに編集内容を個別に調整する必要がある場合があります。

リセットボタンを押すと、画像がLightroomのデフォルト設定に戻ります。 これは最初からやり直すための簡単な方法です!

Lightroomで開発モジュールを有効にする方法

おめでとう! あなただけのLightroomのマスタリングの4日目を完了しました!

しかし、今停止しないでください!

Lightroomをマスターするために、私たちのシリーズの残りの部分を必ずお読みください。 あなたが投稿のいずれかを逃した場合は、これらのリンクをクリックすることで、いつでもそれらを読む/確認することができます!

1日目。 写真集

2日目。 Lightroomインポート

3日目。 Lightroomライブラリモジュール

5日目。 Lightroomの基本的な編集ワークフロー

6日目。 Lightroomのプリセットを使用する方法

7日目。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。