Amarengo

Articles and news

Job225en

私はこれらの結果の背後にある理由を理解したかったと私はCDプレーヤーとプリアンプを接続するDHLラボケーブルを購入したとき、私は中低 多分それはそれをより聞こえるようにする仕事です。 だから私はゴッサムケーブルでDHLラボを変更しました。 私はすぐに私が高い範囲で定義で何かを失っていたことに気づいたが、私は中-低範囲でより良いバランスを持っていた。 この小さく、余りに高くないアンプによって私達に優秀な透明物がある。
この装置は非常に強力な方法で拡声器を駆動し、ダイナミクスに関しては何も困難にそれを置くものではありません。 ストラヴィンスキーによるTelarc(Maazel)のSacre du Printempsや、CoplandのFanfare for The Common Man(Crystal Clear)では、バスドラムとティンパニーのヒットは非常に強いです。 声は、Herrewegheが監督したBachのSt.Matthew’s Passion(2000年)や、Michel Jonasz、la Fabuleuse Histoire De Mister SwingによるダブルライブLPのように、完全に再現されています。 ピアノは完全に再現されており、ラヴェルのガスパール-ド-ラ-ニュイ(DGG)のポゴレリックが使用したスタインウェイとショパンの音楽とミシェル-フラジェが演奏したボゼンドルファー(Telarc)との比較で明らかなように、楽器のダイナミクスも異なっている。
コンサートホールでリヒャルト-シュトラウスの”Sprach Zarathustra”を聴いた後、自宅でもう一度聴いてみました。 さて、私は非常に高いボリュームでそれを果たしていると私はこの”小さな”デバイスは非常によく行われたことを言わなければなりません。
バーンインが完了すると、低域が通常よりも短いことが明らかになった。 パワーはありますが、最も低い範囲と最も深いキーは、最も低い部分で少しエネルギーを逃します。 私がすでに言ったように、高い範囲は拡張されていますが、顕著ではありません。 一部の人々は、ミッドレンジだけが存在すると思うかもしれませんが、これは私が書いたものではありません。
まあ、全部でコンサートホールのことを思い出させるライブサウンドです。
どんな音楽ジャンルにも迅速な感覚があり、長いリスニングセッションは疲れることはありません。
この小さな仕事は、何の問題もなく、独自の個性を持つすべてを再生します-サウンドステージは非常に良いです。 私が持っていたほど深くはありませんが、それは確かに十分で十分です。 ダイナミクスは、このアンプと存在し、通常の国内のリスニングルームに欠けていることはありませんし、時にはそれも豊富です(でも非常に強力ではな
それは私にはその性能を考慮して多くはないことを約1500ユーロの費用がかかります。 それはオンラインでのみ販売されているので、それを聞くことは容易ではありません。 今度は私を信用してくれ 私のリスニングノートを書いた後、私はオンラインでいくつかのレビューを読んで、私はレビュアーは、私が持っていたのと同じ印象を持ってい
私は、彼らが聞いているデバイスがその価格の3倍、4倍、さらには6倍の価値があると書いている人の中ではありません。 ると思いる状態では聞各デバイスのこんにちは末市場でのブランド不可能だよ! 重要なのは、ソース、増幅、スピーカー、部屋を考慮した最終的な結果です。 まあ、あなたの予算がこの金額くらいなら、私はあなたがこの仕事を購入することを検討すべきだと思います。
Sweetcord電源ケーブルのほんの数行-私は私のシステムに持っているすべてのデバイスで試してみましたが、仕事の結果を確認するためだけです。 その価格は、あなたが本当に高品質のこの製品の仕上げを考慮する場合は特に高価ではありません。
音に関しては、このケーブルは音を少し甘くし、周波数を減算するのではなく、鋭い音を減らし、長いリスニングがより楽しく、あらゆる方向に音場が拡大されます。 私は私のシステム&マジックケーブルまたはクラシックとジャズ音楽とオリジナルのケーブルを好むが、Sweetcordとボーカルアンティークレパートリーは、その最高の状態で出てきた。 まあ、決定はあなた次第です。
Domenico Pizzamiglio
メーカー:JOB Electronics
オンライン販売1.699,00USD
翻訳:Francesca Rubino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。