Amarengo

Articles and news

聖書の解説

解釈:

文脈:

エレミヤ15:10-21は二つの嘆きで構成されています-嘆きは損失に対する悲しみを表現するための文学的な形です:

•最初の嘆きは10節で見られます。生まれている(20:14-18も参照)。 ヤハウェは11-14節のその嘆きに答えます。

•第二の嘆きは15-18節にあり、続いて19-21節にヤハウェの応答があります。 この嘆きと応答は、私たちの最初の読書を構成します。

ヘブライ語の聖書にはいくつかの嘆きがあり、詩篇と嘆きの本にはいくつかの嘆きがあります。 エレミヤ書には二つの以前の嘆きがありました(11:18-23; 12:1-6)—そして、さらに二つがあります(20:7-12; 20:14-18).

聖書の嘆きには、(1)苦情、(2)嘆きの人が以前の良い時代と現在の悪い時代を対比する部分、(3)救済のための祈り、(4)神への信頼の声明が含まれます。

嘆きは、戦闘での敗北、亡命、病気、死など、あらゆる形の災難に触発されるかもしれません。 嘆き悲しむ人は、荒布を着たり、灰の中に座ったり、断食したり、大声で泣いたりするなど、悲しみの外向きの兆候に従事するかもしれません。 嘆きの目的は、悲惨な状況からの救済を提供するために神を説得することでした。

エレミヤは何を嘆かなければならなかったのですか? かなりたくさん! ヤハウェはユダ—エレミヤの民に災難を預言するために彼を呼んでいました(1:4-16)。 ヤハウェはエレミヤに、民は彼と戦うと言ったが、約束した、”彼らはあなたに勝つことはない。

しかし、それほど単純には思えませんでした。 エレミヤはヤハウェが命じたように行っていた(そして、合計四十年間ヤハウェに仕え続けるだろう)。 エレミヤは、彼の喜びがなくなっていたと彼の心が病気だったという点に彼の人々のために悲しんでいた—彼の目は、彼が昼と夜泣いた涙の泉だったとい(8:18 – 9:1). しかし、人々は悔い改める代わりに、エレミヤに死を脅かしました(11:18-23)。 彼はすべてがうまくいくという彼ら自身の安心をもってエレミヤの預言に対抗した嘘をついた預言者と戦わなければなりませんでした(14:13-14)。

その後、ヤハウェはエレミヤに妻を取らないように、息子や娘を持たないようにと呼びかけたことを学ぶでしょう(16:1—2)。 それは独身生活の性的欲求不満を伴うだけでなく、エレミヤの子供たちが彼に喜びをもたらし、彼の老後に彼を世話し、彼の名前を続けることを否定 それは彼に結婚の単純な快適さを否定するだろう—幸せな瞬間を共有する人と彼に困難な時代に慰めを与えるために誰かを持っています。

司祭パシュトゥールはエレミヤを殴り、彼を在庫に入れます(20:1—2)—そして、ハナニヤは公然とエレミヤに反対します(28:1—17)-エレミヤは彼の民との包囲によって苦しみます(32:1-15)-そして、裁判所の役人は彼を泥だらけの水のない水槽に入れます(38:1-6)。 それからエレミヤはエルサレムの堕落を通して彼の民と一緒に苦しむでしょう(39:1-10)。

エレミヤが嘆いたのも不思議ではありません!

エレミヤ15:15-18。 私を覚えて、私を訪問し、私に復讐

15ヤーウェ、あなたが知っている;私を覚えて、私を訪問し、私の迫害者の私に復讐;あなたのlongsufferingで私を奪うしないでください:あなたのために私が非難を受けていることを知っています。 16あなたがたの言葉が見つかり、わたしはそれを食べた。あなたがたの言葉は、わたしにとって喜びであり、わたしの心の喜びであった。 17わたしは、陽気にする者たちの集会に座っておらず、喜んでもいなかった。 18わたしの痛みは永遠であり、わたしの傷は治癒できないのはなぜですか。 あなたは本当に欺く小川のように、失敗する水のように私になりますか?

“ヤハウェ、あなたが知っている;私を覚えて、私を訪問”(v.15a)。 エレミヤは、主が彼を知っていることを認めることによって、彼の嘆きを始めます—彼の忠実さと彼の苦しみ。 単純な正義は、ヤハウェがエレミヤを訪問することを指示するだろう—彼の存在を彼に知らせるだろう—彼の忠実さのために彼に報酬を与えるだろう。

“私の迫害者の私を復讐する”(v.15b)。 単純な正義はまた、ヤハウェがエレミヤの迫害者に報復を正確にすることを指示するように見えるでしょう。

“あなたの長い苦しみの中で私を連れ去らないでください”(v.15c)。 これはおそらく、ヤハウェがエレミヤの命を奪わないという嘆願ですが、ヤハウェがエレミヤを追放することを要求しないという嘆願かもしれません。

“あなたのために私が非難を受けたことを知っている”(v.15d)。 これはエレミヤの切り札です。 彼は主への忠実な奉仕のために苦しんでいます。 今、ヤハウェはエレミヤが苦しんできた侮辱を取り除き、エレミヤの全体性を回復する時です。

“あなたの言葉が見つかり、私はそれらを食べました。 エレミヤは彼の呼び出しを覚えている(1:4ff。). その召しの一環として、ヤハウェはエレミヤの口に触れ、エレミヤの口に彼の言葉を入れて(1:9)、”見よ、私はこの日、あなたがたを国と王国の上に置き、摘み取り、破壊し、破壊し、転覆し、建て、植える”(1:10)と約束した。

このような重大な任務のために選ばれたのはエレミヤにとっては困難だったに違いないが、彼はまた、ヤハウェの預言者として選ばれたことを光栄に感じていたに違いない。 エレミヤは、彼がヤハウェの言葉を食べたこと、すなわち彼らを自分の中に連れて行き、彼らが彼の一部になったことを言います(エゼキエル3:1—3とヨハネの黙示録10:9-10も参照)。 ヤハウェの言葉はエレミヤにとって喜びと喜びとなりました。 彼は彼の人生はヤハウェに仕える大きな意味を持っていることを知っていた、そして自分の人生は価値があることを知ることは常に喜びです。

“私はあなたの名前、ヤハウェ、軍隊の神によって呼ばれているからです”(v.16b)。 エレミヤは、人々がエレミヤをヤハウェと関連付けることをヤハウェに思い出させます。 彼らの名前と評判は一緒にバインドされています。 人々がエレミヤを見るとき、彼の存在は彼らにヤハウェについて考えるようになります。 人々が事務的な襟を見ると、今日も同様のことが起こります。 彼らは敬虔な男性または女性の存在下で異なって行動します。

“私はあなたの名前で呼ばれています”その文化では、人々は人の名前をその人を識別するための単純なラベル以上のものと考えていました。 彼らは、その人のアイデンティティの何かが名前に縛られていると信じていました—その名前はその人の本質的な性格の何かを表現していました。

人々がエレミヤの名前とヤハウェの名前を結びつけていることを考えると、ヤハウェがヤハウェの良い名前を守る方法としてエレミヤを弁護することは理にかなっているだろう。

“私は陽気にする人たちの集会に座っておらず、喜んでもいませんでした”(v.17a)。 エレミヤは人々が祝って陽気にするのを見てきましたが、彼は彼らのお祝いに参加しませんでした。 そうすることは、彼の預言的なメッセージの重さを弱めるでしょう。 人々が”先祖の不義に背を向けた”と宣言しながら、彼はどうして彼らの党に加わることができましたか(11:10)? そうすることは、彼がヤハウェの預言者として達成するために着手したすべてのものを損なうことになるでしょう。 彼はそれが起こることを可能にするには彼の召しの感覚が高すぎました。

しかし、他のみんなが楽しい時間を過ごしている間に傍観するのは簡単ではありません。 それは多年生の部外者であることは容易ではありません。 それは孤独です。 それは楽しいことではありません。 それは悲痛である場合もある。

“私はあなたの手のために一人で座っていました。 エレミヤは、ヤハウェの手の重い重さを肩に感じたので、彼の孤独な姿勢—彼の部外者の地位—を維持しました。 ヤハウェはエレミヤを選んで、彼の民に裁きのメッセージを伝えました。 ヤハウェはエレミヤにユダの破壊につながっていた堕落と罪深さの明確なビジョンを与えていました。 ヤハウェはエレミヤに、彼らの不義と自己破壊に対する憤りで満たしていた。 したがって、エレミヤが笑って楽しい時間を過ごしていたときに、エレミヤが人々と一緒に参加することを不可能にしたのは、ヤハウェのことでした。 エレミヤがそんなに喜びを否定されたのは、ヤハウェのせいでした。

“なぜ私の痛みは永遠であり、私の傷は治癒できず、治癒を拒否しているのですか?”(v.18a)。 エレミヤの忠実さを考えると、ヤハウェはどうしてそのような痛みに苦しむことを許すことがで ヤハウェは、どのようにエレミヤが癒しを超えて傷ついた心を傷つけることを許すことができますか? 他の場所では、ヤハウェは正義の神(ヘブライ語:mispat)と呼ばれています。 この正義の神は、どのようにして預言者がそのような不公平に苦しむことを許すことができますか?

“あなたは本当に偽りの小川のように、失敗する水のように私になりますか?”(v.18b)。 エレミヤは、ヤハウェが”偽りの小川のように”であると非難しています—あなたが最も必要とするときに乾燥する流れのようなものです。 ヤハウェは”生ける水の泉”であると主張しています(2:13)、しかし、エレミヤ、ヤハウェの預言者は、乾いた口を持っています—と彼の渇きを和らげるのはほとんど希望。

これらの言葉で、エレミヤは冒涜の端に、そしてそれ以上につま先を向けます。 ヤハウェが偽りであると非難することは、エレミヤを忠実な者の陣営から不誠実な者の陣営に移動させる線を横切る。

これはヤハウェがエレミヤを拒否し、別の預言者を選ぶ原因を与えるだろうが、彼はそうしないだろう。 この嘆きの初めに、エレミヤは言った、”ヤーウェ、あなたは知っている”(v.15a)—それは本当です—ヤーウェは知っています。 ヤハウェはエレミヤがどれほど忠実に仕えてきたかを知っており、その奉仕がエレミヤをどのくらいの痛みを引き起こしたかを知っています。 ヤハウェは正義の神である(エレミヤを罰することを示唆する)が、彼はまた思いやりの神であるので、彼はエレミヤに別のチャンスを与える(次の詩を参照)。

エレミヤ15:19-21。 私はあなたを救うためにあなたと一緒にいます

19それゆえ、ヤハウェは言います、あなたが戻ってくるなら(ヘブライ語:サブ)、私は再びあなたを連れて来: しかし、あなたは彼らに戻ってはならない(ヘブライ語:sub)。 20わたしはあなたがたをこの民のところに要塞化された青銅の壁とし、彼らはあなたがたに対して戦うが、彼らはあなたがたに勝つことはない。 21わたしは悪しき者の手からあなたがたを救い、ひどい者の手からあなたがたを贖う。

“したがって、ヤハウェは言う、もしあなたが(サブ)戻ってくるなら、私は再びあなたを連れて来て、あなたが私の前に立つことができるようにし、あなたが下劣から貴重なものを取り出すならば、あなたは私の口のようになるであろう”(v.19a)。 上記の18節のコメントで述べたように、エレミヤはヤハウェにエレミヤを預言者として拒否する原因を与えています。 しかし、ヤハウェはエレミヤを手から拒否しませんが、彼に”戻る”(サブ)—彼の方向を逆転させる—悔い改める機会を提供します。 エレミヤがそうするならば、ヤハウェは彼を取り戻すでしょう。 エレミヤが彼の不平を止め、”貴重なものを取り出す”ならば—ヤハウェの言葉—ヤハウェはエレミヤが彼のしもべとして継続することを許可します。

“彼らはあなたに(サブ)を返すものとしますが、あなたは彼らに(サブ)を返さないものとします”(v.19b)。 エレミヤがヤハウェに戻るならば、ヤハウェはユダの人々がエレミヤに入ることをそれに見るでしょう。 エレミヤは彼らに服従する必要はありません。

この小さな言葉、サブ(およびバリアント)は、ヘブライ語の聖書に頻繁に表示されます。 ほとんどの場合、それはイスラエルのヤハウェへの復帰を想定しています。 それは時々”悔い改め”(1王8:47-48NRSV)と翻訳されています。

“わたしはあなたをこの民のところに要塞化された青銅の壁とし、彼らはあなたに対抗しなければならないが、彼らはあなたに勝つことはない。 ヤハウェのエレミヤへの最初の召しの中で、彼はエレミヤを”要塞化された都市、鉄の柱、青銅の壁、土地全体、ユダの王たち、その王子たち、祭司たち、そして地の民 わたしはあなたがたと共にいるからです”(1:18-19)。 今、ヤハウェはその約束を再述べています。

今日、私たちはレンガの壁に走っていることについて話します。 それは”青銅の要塞化された壁”によってここに描かれたイメージのようなものです。”ユダの人々は、エレミヤが彼の悲観的な預言を口にするのを止めるために力を使おうとします。 しかし、彼らはエレミヤを破壊することはできませんが、彼に対して強打することによってのみ自分自身を破ることがで 彼らを止めるのはエレミヤの強さではなく、ヤハウェの強さです。 ヤハウェはエレミヤを救い、敵から彼を救うでしょう。

“わたしは邪悪な者の手からあなたを救い、ひどい者の手からあなたを贖う”(v.21)。 ヤハウェは、エレミヤが悪人の手に決して落ちることはないと言うのではなく、エレミヤが彼らの手に落ちるとき、ヤハウェは彼を救うと言います。 邪悪な人たちは、エレミヤを泥だらけだが水のない水槽に入れます—彼は非常によく死ぬことができる刑務所—しかし、ヤハウェは彼を救出します。

ヤハウェはエレミヤの人生を楽にすることを決して約束しません。 彼は唯一の彼の敵からエレミヤを提供し、彼を破壊する邪悪な人々から彼を救うために約束します。

聖書の引用は、世界英語聖書(WEB)、パブリックドメイン(著作権なし)聖書の現代英語翻訳からのものです。 世界英語聖書は、聖書のアメリカ標準バージョン(ASV)、Biblia Hebraica Stutgartensa旧約聖書、およびギリシャの大多数のテキスト新約聖書に基づいています。 期限切れの著作権のためにパブリックドメインにもあるASVは、非常に良い翻訳でしたが、多くの古風な言葉(hast、shinethなど)が含まれていました。)、ウェブが更新されました。

参考文献:

Bracke,John M.,Westminster Bible Companion: Jeremiah1-29(Louisville:Westminster John Knox Press,2000)

Clements,R.E.,Interpretation Commentary:Jeremiah(Atlanta:John Knox Press,1988)

Craigie,Peter C.;Kelley,Page H.;And Drinkard,Joel F.Jr.,Word Biblical Commentary:Jeremiah1-25(Dallas:Word Books,1991)

Fretheim,Terence,E.,Smyth&Helwys Bible Commentary:Jeremiah(Macon,Georgia:Smyth&Helwys Publishing,Incorporated,2002)

Harrison,R.K.,Tyndale old testament Commentaries:Jeremiah&Lamentations,Vol. 19位(ダウナーズグローブ,イリノイ州のホテル): Inter-Varsity Press,1973)

Huey,F.B.Jr.,New American Commentary:Isaiah,Lamentations,Vol. 16(Broadman&Holman Publishers,1993)

Longman,Tremper III,The New International Biblical Commentary:Jeremiah&Lamentations(Peabody,Massachusetts:Hendrickson Publishers,2008)

Martens,E.A.,Believers Church Bible Commentary:Jeremiah(Scottdale,PA:Herald Press,1986)

ミラー、パトリックD.、新しい通訳聖書:エレミヤ、Vol.VI (Nashville:Abingdon Press,2001)

Stulman,Louis,Abingdon Old Testament Commentaries(ナッシュビル:Abingdon Press,2001)

: ジェレミア(ナッシュビル:アビンドン-プレス、2005)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。