Amarengo

Articles and news

聖書の解説

解釈:

文脈:

第17章はユダの人々の罪(17:1-4)を語り、人間の力を信頼する人は砂漠の乾燥した低木のようになるが、ヤハウェを信頼する人は”水に植えられた木のように”なることを約束する(17:8)-ヤハウェから背き去った者は、実際には、”生きている水の泉であるヤハウェを見捨てた”(17:13)。

第17章(19-27節)の最後の部分は、私たちのテキストに特にふさわしい前奏曲です。 これらの節では、ヤハウェはユダの民に安息日を聖く保つよう命じ、行う者に繁栄を約束し、そうでない者には火をむさぼり食うことを約束します。忠実な者に繁栄を約束し、悪に罰を与えるという同じ約束が、私たちのテキストに反映されています。

エレミヤは、紀元前587年のエルサレムの袋とバビロニアの亡命の始まりに至るまでの四十年間、活発な預言者でした。 学者は、エレミヤの死後、編集者が本に追加し続けたと信じています。 第18章が亡命前に書かれたのか(Thompson、432)、亡命中に書かれたのか(Stulman、182)はわかりません。

私たちのテキストは、ヤハウェからユダへの警告と嘆願を構成しています。 警告は、継続的な不信仰が災害をもたらすということですが、嘆願は忠実な人たちに繁栄の希望を保持しています。

背景には古い契約の約束があります。 最初の契約は、神とアブラムの間に確立されました。 神はアブラムに、彼が父の家を出て、神が彼に示す土地に行くことを要求しました。 その代わりに、神はアブラムを偉大な国民とし、彼を祝福し、彼を地球のすべての家族に祝福することを約束しました(創世記12:1-3)。 契約という言葉はその取引では使用されていませんでしたが、神はアブラムが何をしなければならないのか、神がアブラムのために何をするのかを概説していたので、それは契約の印を持っています。 その後、神はエジプトの川からユーフラテス川に土地をアブラムに与えることを約束されました(創世記15:18)。 後になっても、神はアブラムと彼を多くの国の父とするために約束しました。 契約の一部として、神はアブラムにカナンの地を与えることを約束しました。 神はアブラムに、彼自身と彼のすべての男性の子孫と奴隷を含む彼の家族のメンバーのために割礼を観察することを要求しました(創世記17:1-14)。

神はモーセ(出エジプト記24)、ヨシュア(ヨシュア24)、エホヤダ(第二列王記11)、ヒゼキヤ(第二列王記29:10)、ヨシヤ(第二列王記23:3)、ダビデ(第二サムエル記7:12-17)との契約を更新しました。

イスラエル/ユダの人々は、これらの契約の約束は、彼らの繁栄を保証するヤハウェとの特権的な関係を彼らに与えたと信じるようになりました—しかし、私たちのテキストは、契約は双方向の命題であることを彼らに思い出させます。 神は彼らを選ばれましたが、彼らは神に従うという契約の下で責任を持っています。 彼らが忠実でなければ、神は彼らの世話をする義務はありません。 私たちのテキストは、ユダの人々の行動が彼らの将来にとって重要であることを明確にしています。 ちょうど17のように:19-27,彼らが忠実であれば、彼らは繁栄します—しかし、彼らが不誠実であれば、彼らは苦しむでしょう. ヤハウェはすべて強力ですが、ヤハウェはこれらの人々に彼らの運命を選ぶ力を与えることを選択しました。 すべては彼らの決定に依存します。

エレミヤ18:1-4。 1ヤハウェからエレミヤに来た言葉は言った、2アリーゼして、陶工の家に下って行けば、そこで私はあなたに私の言葉を聞かせるでしょう。 3そこでわたしは陶工の家に下って行ったが、見よ、彼は車輪の上に作品を作っていた。 4彼が粘土で作った容器が陶工の手で傷つけられたとき、彼はそれを再び別の容器にしました。it.to 彼だ

“ヤハウェからエレミヤに来た言葉”(v.1)。 神の言葉は強力です。 創造の中で、”神は言われた、”光があるようにしなさい”と、光があった”(創世記第1章3節)。 “神は言われた、”広がりがあるように……”……そうでした”(創世記第1章6-7節)。 神の言葉は水を一つの場所に集めました(創世記1:9)。 神の言葉は植生をもたらしました(創世記1:11-13)。 神の言葉は空に光を置きました(創世記1:14-19)。 神の言葉は動物(創世記1:20-25)と人間(創世記1:26-27)を創造しました。

神は最初から人間に直接話をし、庭の男に尋ねた、”あなたはどこにいますか?(創世記3:9)—そしてアブラムに、”あなたの国から出て、あなたの親戚から、そしてあなたの父の家から、私があなたに示す土地に出てください。 私はあなたを偉大な国にします。 私はあなたを祝福し、あなたの名前を偉大にします。 あなたは祝福になるでしょう”(創世記12:1—2)-そしてモーセには、”近くに来てはいけません。 あなたが立っている場所は聖なる地であるからです”(出エジプト記第3章5節)。

しかし、神はより頻繁に彼の言葉を彼の預言者に明らかにし、彼はその後、人々に神の言葉を宣言する責任を持っていました。 エレミヤは、この本の初めからヤハウェの言葉の受信側にされています(1:2, 4, 11; 2:1; 7:1; 11:1; 13:8; 14:1; 16:1)—そして、この本の初めからヤハウェの言葉を宣言してきました(2:4, 31; 9:20; 10:1)—しかし、人々はかなり長い間、ヤハウェの言葉を拒否してきました(8:9)。

“起きて、陶工の家に下って行けば、そこで私はあなたに私の言葉を聞かせるでしょう”(v.2)。 ヤハウェは、アーモンドの木の枝(1:11)と沸騰したカルドロン(1:13)という普通のものを通して、エレミヤに神の言葉を明らかにしてきました。 今、神はその時代の生活の中で最も普通の側面の一つ、すなわち陶器を通して神の言葉を明らかにすることを選択します。

古代の世界では、陶器はどこにでもありました。 人々は貯蔵と調理のために粘土の瓶を使用しました。 彼らは屋根のために粘土タイルを使用しました。 彼らは彼らのオーブンを並べるために粘土レンガを使用しました。 彼らは装飾のために粘土の置物を使用しました—そしておもちゃのためにさえ。 陶工は、コミュニティの中で最も重要な職人の一人でした。 神はエレミヤを対象のレッスンのために準備しています—陶器を例にして神の言葉を明らかにしています—そして、人々は粘土の瓶を見るたびにこのレッ

“それから私は陶工の家に下って行った、そして見よ、彼は車輪の上に作品を作っていた”(v.3)。 ろくろには二つの種類があり、一つは遅い車輪と速い車輪と呼ばれていました。 速い車輪は、陶工の足の近くの地面に平行な大きな円形の石と、陶工の手の近くの円形の卓上のような小さな円形の石を持っています。 二つの石は、垂直軸によって接続されることになります。 陶工は大きな底の石を足で押して回転させ、大きな石にシャフトで接続された上の石は同じ速度で回転します。

このようなシステムの天才は、重い底の石がフライホイールとして機能し、両方の石の動きを滑らかにすることです。 陶工が二つの軽量の石で働いていた場合、回転の動きはぎくしゃくになります。 但し、重い最下の石は滑らかな動きで回るために車輪を引き起こす運動量を加える。 その滑らかな動きなしで魅力的な陶器を作ることははるかに難しいでしょう。

“彼が粘土で作った容器が陶工の手に傷つけられたとき、彼はそれを作るために陶工に良いように見えたように、再び別の容器を作った”(v.4)。 これはヤハウェの目的のレッスンの最初の部分である—目的、いわば。 ヤハウェは、第6節で、オブジェクトレッスンの第二部—レッスンまたはアプリケーション—を明らかにします。

エレミヤが見ているように、陶工はろくろの粘土片が不十分であると判断し、粘土を別の容器に再加工します。

私たちは、元の作品の欠陥が何であったかわかりません。 それは粘土が余りにぬれていたか、または乾燥していたことであったかもしれない。 粘土の中に小さな石やその他の異物が埋め込まれていた可能性があります。

問題が何であれ、陶工は粘土を新しい作品に鍛造する前に不完全な作品を破壊しなければなりません。 彼は両手で不完全な部分を取り、それが再び粘土の塊になるようにそれをくしゃくしゃにしなければなりません。 それは滑らかな一貫性を持つまで、彼は両手で塊を動作する必要があります。 彼はそれをより柔軟にするために水を加えたり、より構造的な完全性を与えるために粘土を加えたりする必要があるかもしれません。 この慎重な準備の後でさえ、彼は新しい、より完璧な容器を作るために再び始めることができます。

陶芸家は不完全な作品を不良品の山に投げ込まず、二度と見られないことに注意することが重要です。 粘土はまだ使用可能である、従って陶工は破壊的なプロセスであるようであるが、実際に創造的なプロセスであるものが始まる。

それは粘土が生きていた(生きている)、それはこの荒い治療に抗議するかもしれません。 陶工が不完全な物体を手に取り、それを粘土の塊に戻すプロセスを始めたとき、粘土は陶工がそれを傷つけていること、または粘土が粘土の塊よりも不完全な容器として有用であることに抗議するかもしれません。 それはそれを以前の塊の状態に戻すための陶芸家の努力と戦うかもしれません。

もちろん、粘土は無生物であり、声を持っていない—陶芸家の努力に抵抗することはできません。 しかし、この小さなオブジェクトのレッスンは、実際には粘土についてではなく、人々についてです—下の詩6を参照してください。

ポッターとしての神のイメージは、聖書のいくつかの点に現れます:創世記2:7;イザヤ29:16; 45:9; 64:8; ローマ人への手紙第9章20-24節。

エレミヤ18:5-6。 イスラエルの家

5ヤハウェの言葉が私のところに来て、言った、6イスラエルの家、私はこの陶工としてあなたと一緒にすることはできませんか? ヤハウェは言う。 見よ、陶工の手の中の粘土のように、あなたは私の手の中にいる、イスラエルの家。

これらの節は、オブジェクトレッスンの第二の部分、すなわちレッスンまたはアプリケーションを構成します。 陶工が不完全な容器を粘土の塊に戻し、再び使用可能な容器を作り始めたのと同じように、ヤハウェはイスラエル—この時点で南の王国、ユダを行います。

これはそれらの良いニュース/悪いニュースメッセージの一つです。 悪いニュースは、ユダが破壊的なプロセスのように見えるものを通過しようとしているということです。 しかし、良いニュースは、ヤハウェの手の中で、プロセスは破壊的ではなく創造的であるということです。 ヤハウェは、古い罪深い民の残りの者から、新しく忠実な民を創造するであろう。 これは、最終的には、困難な状況にある人々への希望のメッセージです。

エレミヤ18:7-10。 そして、わたしは悔い改める

7わたしがその国について、また王国について話し、それを摘み取り、破壊し、破壊するために、8もしわたしが話したその国が彼らの悪(ヘブル語:ra·ah)から離れるならば、わたしは彼らにしようと思った悪(ヘブル語:ra·ah)を悔い改めるでしょう。 9わたしは、その国について、また王国について、それを建て、植えるために、どのような瞬間に話すであろうか; 10彼らがわたしの目の前で悪いことをし、わたしの声に従わないならば、わたしは彼らに利益をもたらすと言った善を悔い改めるでしょう。

5-6節で、ヤハウェはイスラエルについて具体的に話していました。 しかし、7-10節はそれをどの国にも広げています。 主は,かれらが主の主を認めるか否かにかかわらず,すべての国民に対して主権者である。 ヤハウェは、国境を尊重せずに持ち上げて取り壊す力を持っています。

これらの詩は、両方の希望を提供しています(vv. 7-8)および警告(vv. 9-10). 国家の運命は石に設定されていません。 ヤハウェはある国を滅ぼそうと計画しているかもしれませんが、その国が”彼らの悪から離れる”ならば、その決定を変えるでしょう(v.8)。 一方、ヤハウェは国家を祝福することを計画するかもしれませんが、国家が悪を行い始めるならば、その決定を変えるでしょう(v.10)。

これは、ヤハウェがイスラエル(そして私たち全員)に私たちの運命を決定するための大きな力を与えていることを意味します。 “粘土は陶工に挑戦することはできませんが、イスラエルはヤハウェが変わるように行動することができます”(Huey、180)。 バビロニア人からの災害に直面しているイスラエルは、その方法を変更し、ヤハウェの保護を楽しむことができます。

エレミヤ18:11。 今、すべての人を彼の邪悪な道から戻しなさい

11さて、ユダの人々とエルサレムの住民に話して、言って、ヤハウェはこう言います:見よ、私はあなたに対して悪

7-10節で、ヤハウェは、私たちの行動が彼の決定に影響を与えることを明確にしました。 今、彼はエレミヤに、彼が悪をフレーミングしていることをユダの人々に警告するように指示します—裁きを準備します—彼らに対して。 彼はさらに、ヤハウェが彼らのために計画していた罰から背を向けるかもしれないように、手遅れになる前に彼らの方法を変更するためにそれらを 彼らの唯一の希望は、悪から離れ、主に向かうことです。

「今日の人々は、自分の道徳的選択の影響に対する責任を取ることを回避する方法を見つけることに熟達している。…… 誰かまたは何か他の人が責任を負うことは常にあります……….. 説教者の仕事は、私たちが住んでいる世界を創造するための道徳的責任を受け入れるように人々を導くことです”(Hoppe、424-425)。 私は、贖いの希望を保持することも説教者の仕事であると付け加えます。

エレミヤ18:12。 私たちは自分のデバイスの後を歩きます

12しかし、彼らは言う、それは無駄です。

説教者はこの朗読からこの節を省略していますが、説教者はそれを認識する必要があります。 ユダの人々は預言者の警告に耳を傾けることを拒否しているので、彼らは結果を被ることを期待することができます。

それは、実際には、何が起こったのかです。 バビロニアはエルサレムを略奪し、神殿を引き裂き、人々を亡命させた。 このテキストは、これが単なる国際的な陰謀の結果ではなく、ユダに対するヤハウェの判断であったことを私たちに伝えています。

エレミヤ18:13-17。 詩

これらの詩は、講義に含まれていませんが、この点に言われていることを要約した詩です。 “私の民は私を忘れてしまった”とヤハウェは言う(v.15)ので、”私は敵の前に東の風のように彼らを散らすでしょう”(v.17)。 人々はヤハウェを見捨てたので、ヤハウェは”彼らの災難の日に、顔ではなく、背中を彼らに見せる”(v.17)。

聖書の引用は、世界英語聖書(WEB)、パブリックドメイン(著作権なし)聖書の現代英語翻訳からのものです。 世界英語聖書は、聖書のアメリカ標準バージョン(ASV)、Biblia Hebraica Stutgartensa旧約聖書、およびギリシャの大多数のテキスト新約聖書に基づいています。 期限切れの著作権のためにパブリックドメインにもあるASVは、非常に良い翻訳でしたが、多くの古風な言葉(hast、shinethなど)が含まれていました。)、ウェブが更新されました。

参考文献:

Bracke,John M.,Westminster Bible Companion:Jeremiah1-29(Louisville:Westminster John Knox Press,2000)

Clements,R.E.,Interpretation Commentary:Jeremiah(Atlanta:John Knox Press,1988)

Craigie,Peter C.;Kelley,Page h.;and drinkard,joel f.JR.,word biblical commentary:jeremiah1-25(Dallas: Word Books,1991)

Fretheim,Terence,E.,Smyth&Helwys Bible Commentary:Jeremiah(Macon,Georgia:Smyth&Helwys Publishing,Incorporated,2002)

Harrison,R.K.,Tyndale Old Testament Commentaries:Jeremiah&Lamentations,Vol. 19(Downers Grove,Illinois:Inter-Varsity Press,1973)

Hoppe,Leslie J.,In Van Harn,Roger(ed.)、講義解説:日曜日のテキストのための神学的解釈。 旧約聖書と使徒(Grand Rapids:William B.Eerdmans Publishing Co.,2001)

ヒューイ,F.B.Jr.『新アメリカの解説』イザヤ書、哀歌、巻。 16(Broadman&Holman Publishers,1993)

Martens,E.A.,Believers Church Bible Commentary:Jeremiah(Scottdale,Pennsylvania:Herald Press,1986)

Miller,Patrick D.,The New Interpreters Bible:Jeremiah,Vol. VI(Nashville:Abingdon Press,2001)

Newsome,James D.In Cousar,Charles B.;Gaventa,Beverly R.;McCann,J.Clinton;and Newsome,James D.,Texts for Preaching:A Lectionary Commentary Based on the NRSV-Year C(Louisville: Westminster John Knox Press,1994)

Stulman,Louis,Abingdon Old Testament Commentaries:Jeremiah(Nashville:Abingdon Press,2005)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。