Amarengo

Articles and news

犬の咬傷傷害

犬は通常、偉大なペットであると考えられています。 彼らは一般的に遊び心があり、友好的で、偉大な仲間であり、効果的な保護者です。 しかし、時には、子犬の性格やその品種によっては、犬は無実の部外者にとって脅威になることがあります。 ペットの所有者は、危険な攻撃から他人を守る方法で動物を収容し、訓練する責任があります。 そうしないと、多くの州では違法とみなされ、犬と飼い主の両方が犬の咬傷法を破ると罰に直面する可能性があります。

インディアナ州の犬咬傷法

インディアナ州は、one bite ruleを支持する米国の18の州の1つです。 この規制の下では、犬の所有者は、彼または彼女の犬が他の人間を攻撃する最初の時間の間に発生した任意の傷害の責任を負うことはできません。 しかし、犬が法律の義務を果たしている個人を攻撃した場合、one biteルールは適用されません。

所有者は、攻撃に起因するいかなる傷害に対しても責任を負うことができます。 所有者は、過失が攻撃の原因である場合にも責任を負うことがあります。 たとえば、所有者が故意に犬が自由に走ることを許可し、動物が他の人を攻撃する場合、彼または彼女は過失の前提の下で責任を負うことができます。

お問い合わせ

犬の咬傷と犬の所有者の責任についての詳細を学びたい場合は、今日(800)520-3633でハンキー法律事務所のインディアナポリス人身傷害弁護士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。