Amarengo

Articles and news

歯列側面質量非対称性:私たちは過剰調査していますか? /救急医療ジャーナル

ディスカッション

フィールディングとホーキンスは、AARFを四つのタイプに分類した(ボックス1)。1タイプIおよびIIは、診断を行うときに最も論争を引き起こすように見え、おそらく小児の症例の大部分を占める。 それは大人のまれな外傷性傷害です。 外傷症例のATLS管理の増加は、a&Eで撮影された頸椎シリーズの数の関連する増加につながっています。 患者側の協力の欠如または首の活動的な動きの減少は、ATLS x線を撮影することが不可能になる可能性があります。

ボックス1:フィールディングとホークス1環軸回転固定の分類

  • タイプI:地図書の前方の変位のない回転固定

  • タイプII:3-5のmmによる地図書の前方の変位の回転固定

  • タイプIII:5つ以上のmmの前方の変位の回転固定

  • タイプIV: 後部の変位を用いる回転固定

首の外傷に続くAtlanto軸非対称性は技術的な不足から正常な変形に実際のAARFまで及ぶいくつかの要因が原因であるかもしれません。 技術的要因には、患者の頭部に対するx線ビームのミスアラインメントが含まれる。2ペグビュー上のずれたビームの多くの特性は、これが非対称性の原因であるかどうかを判断するのに役立ちます(図1および2):

図1

歯状側面の質量非対称性を示す中心不良peg図。

図2

歯状側面質量非対称性を持続することを示すよく中心のペグ図。

  • C2の棘突起は中心ですか?

  • ファセットの接合箇所は対称であるか。

  • 大臼歯、下顎、および切歯は対称ですか?

Resnickは、左右に回転/傾斜した五つの開いた口のビューをお勧めします。3歯状外側質量非対称性は、すべてのビューで持続する必要があります。3側面図では、atlanto-dens間隔は、大人では<3mm、子供では<5mmでなければなりません。 この間隔は、側面図で増加するか、または屈曲図で増加することが見られるべきである。4

歯状突起は、通常は対称的に成長する二つの平行な骨の柱から発達する。5これらの列のいずれかの異形成がある場合、それは影響を受けた側の歯状側方質量空間の非対称性の印象を与える。 アトラスの側方塊の形成不全は同じ効果を有する。6持続的な非対称性を示した10のCTスキャンのレビューでは、我々はそれぞれの機会に歯類の軽度の形成不全またはアトラスの側方塊のいずれかを見つ

図3

コンピュータ断層撮影スキャンでは、アトラスの右外側塊の軽度の形成不全と歯状外側非対称性が持続しています。

コストと放射線被ばくの面では、繰り返しプレーンフィルムを取らずにCTに直接進むことは、患者の福祉と部門の支出に大きな影響を与えます。 上記のように、私たちの患者のほぼ50%が時間外にCTスキャンを受けました。 我々は、頚椎CTスキャンは、プレーンフィルムのための約2000μ svとは対照的に70μ svに患者を公開することを推定します。 従って複数の繰り返されたフィルムが取られることを可能にした後でさえも放射線被ばくはCTスキャンとよりまだかなりより少しです。 私たちの部門では、頚椎のCTスキャンは、単純なx線のための€450とは対照的に、€60の固定費を持っています。 いくつかの単純なフィルムを繰り返すコストは、CTスキャンよりもまだ少ないです。 私たちは、時間外に出席するためにオンコールCT放射線技師を支払うことに関連するコストを考慮していません。

要約すると、このシリーズでは臨床的に有意な外傷性環軸非対称性の証拠は見つかりませんでした。 すべての異常は技術的要因によるものであったか、または正常な変異体であった。 回転および側屈の5つの開いた口の眺めは傷害の首苦痛そして重要なメカニズムがある、そして確かに変えられたsensoriumがあれば激しい外傷のために安全/勧められないかもしれません。 外傷患者におけるプレーンフィルム上の歯状側方質量非対称性の存在は、そうでなければ証明されるまで、骨折または脱臼の疑いを提起すべきである。 環軸の非対称性を疑っている場合は、十分に中心のペグビューが次の調査です。 持続的な非対称性は、斜頸または骨折の疑いのために予約されるべきであるCTスキャンに進む前に、一連の五つの単純なx線で見られるべきである。 ダイナミックC Tは、外力を排除するために不可欠である。6外傷の設定のすべての頚部脊柱のフィルムの1%まで生来のodontoid側面固まりの非対称性による非対称性を示すかもしれないことわかっているべきで 成人におけるAARFの外傷性原因は、骨折との関連なしには見られないと結論した。 我々は、AARFが外傷の設定で骨折の非存在下で発生することを示唆する文献には証拠を見つけられませんでした。 単純なフィルムや斜頸や神経学的欠損のいずれにも骨折の証拠は見られなかったが、これらの患者全員でCTスキャンが行われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。