Amarengo

Articles and news

ダイオードレーザー対メス歯肉切除術

Akram H.M、Ali O.H、Omran N.K、Ali A.O.ダイオードレーザー対メス歯肉切除術。 Biomed Pharmacol J2017;10(4).
原稿受理日:October16,2017
原稿受理日:November03,2017
オンライン公開日:–盗作チェック:はい

どのように引用|出版履歴を引用する

ビュービュー:(訪問4,340回、今日の3訪問)ダウンロード:1249

Hadeel Mazin Akram,Omar Husham Ali,Nada Kadhum Omran and Alaa Omran Ali

歯周病学科,歯学部-バグダッド大学,バグダッド-イラク.

対応する著者の電子メール:[email protected]

土井: https://dx.doi.org/10.13005/bpj/1295

要約

背景:歯肉切除術中に組織を除去し、良好な歯肉縁を生成するために異なる方法を使用することができ、最も一般的なのはメスを使用して行われる従来の歯肉切除術であり、現在では一日のレーザーが広く普及しており、手術を行うために使用することができる。 材料と方法:50人の患者を二つの等しいグループに分け、グループ1歯肉切除術はダイオードレーザーによって行われ、グループ2歯肉切除術はメスによって行われ、1回目、2回目、3回目の訪問でプラークと歯肉指数を測定し、綿棒を採取し、細菌の増殖を検出し、病理組織学的検査のために生検を行った。 グループ1は、訪問の間にプラークと歯肉手段に有意差を示さず、細菌学的検査は細菌の増殖を示さず、組織学的検査はグループ2よりも炎症細胞が少ないこ グループ2は、訪問の間にプラークと歯肉指数に有意な差を示しています。 メスがgingivectomyに金本位の選択に残るが、ダイオードレーザーにそれ上のある利点があるかもしれないけれども。

キーワード

Brushing;Diode;Gingivectomy;Laser;Scalpel

この記事を次のようにダウンロードしてください。
この記事を引用するには、以下をコピーしてください。

Akram H.M,Ali O.H,Omran N.K,Ali A.O.Diode Laser Versus Scalpel Gingivectomy。 Biomed Pharmacol J2017;10(4).

このURLを引用するには、以下をコピーします。

Akram H.M,Ali O.H,Omran N.K,Ali A.O. ダイオードレーザー対メスの歯肉切除術。 Biomed Pharmacol J2017;10(4). から入手可能: http://biomedpharmajournal.org/?p=17976

はじめに

歯肉切除術は、サポートされていない歯肉組織を取り付けられたレベルまで切除し、古い位置に頂端である新しい歯肉縁を作成する外科的手1歯肉切除術を行う場合、生物学的幅は約2.14mm(上皮付着の0.97mmおよび結合組織付着の1.07mm)である違反すべきではない。2この幅は歯肉の健康を維持するために重要であり、それを侵害すると、歯肉後退または歯肉反発などの異なる結果につながる可能性がある。3歯肉切除術を行う前のもう一つの考慮事項は、3-5mm.5

の範囲の手術後に角化組織の適切なゾーンの存在であり、歯肉切除術を行うために異なる方法を使用することができる;最も一般的なのはメスおよびレーザーである。 長年にわたり、メスは、組織を切断し、より理想的な位置に歯肉縁を配置するために小さな手術刃や他の歯周手術器具を使用した歯肉切除術を行う メスに明確に定義された差益が付いている使用されること容易の精密な切り傷の利点があります治療は速く、側面ティッシュの損傷がありません。 メスの不利な点が麻酔を与える必要性の間、不十分な可視性で起因する出血し、切り傷の切口は殺菌しません。v

レーザーは、放射線の誘導放出による光増幅の頭字語です。歯科で使用されるレーザーの4つの主要なタイプがあり、それらは出された光エネルギーの波長で異なっています。 これらのタイプは次のとおりである:二酸化炭素レーザー(二酸化炭素)ダイオードレーザー、ネオジム:アルミニウムイットリウムガーネット(Nd:YAG)およびエルビウム:アルミニウムイットリウムガーネット(Er:YAG)。7

私達の研究では私達はダイオードレーザーを使用しました、ダイオードレーザーはgingival recontouringの間に柔らかいティッシュの容易な処理を可能にする、および傷の改善されたepithelizationそして治療ヘモグロビンおよびメラニンによって非常に吸収性です。レーザーの使用の間の8つは血管を密封し、また切り傷の場所で苦痛の受容器を禁じることによって出血を防ぐエネルギー吸収の区域で凝固、乾燥およ9 2-6mmはダイオードレーザーの切り傷の深さの範囲です。10

レーザーのよりよい制御、より少ないpost-operative発火および苦痛および外科場所の改善された治療はすべて外科でレーザーを使用することの利点です。11軟部組織レーザー手術は、レーザー装置を購入することはメスと比較して高価であり、高コストを含むいくつかの欠点を有し、12網膜眼の損傷は、外科医、歯科助手および患者に発生する可能性があり、特定の保護ゴーグルを使用しなかった場合6、一部の研究者は、レーザーがメスよりも貧弱な創傷治癒およびより大きな組織乾燥に関連していると報告した。13

この研究は、歯肉切除術を行う際にダイオードレーザーとメスを使用することの違いを調べるために行われ、手術後に鎮痛剤を服用する必要性および食

材料と方法

25-45歳の年齢範囲を持つ五十の被験者は、この研究に参加していた、彼らはすべて全身的に健康で非喫煙者であり、彼らはプラーク誘発性歯肉炎 グループ1には、ダイオードレーザーを用いて歯肉切除術を行った25人の被験者が含まれています。 グループ2メスは、従来の歯肉切除術を実行するために使用されていた25の被験者と。 手術は、バグダッド大学歯学部の歯周科で行われました。 すべての手術は、私たちの研究の目的を患者に説明した後に行われ、インフォームドコンセントが取られました。

手術前に全ての参加者にスケーリングと研磨が行われた。 プラーク指数(pl.I)14および歯肉指数(GI)15は、スケーリング前の1回目の訪問、手術前の2回目の訪問、および一週間後の3回目の訪問で測定された。 グループ2では、手術後に歯周パックを配置し、一週間後に削除されました。

微生物学的サンプルは、歯肉切除術を行った直後に外科領域から滅菌紙ポイントを使用して収集され、24時間および72時間のインキュベーション後の細菌増殖の有無を測定するために微生物学的研究室に送られた。 手術中に除去された組織は病理組織学的検査のために送られていた。 第3回訪問時に第二の生検を行い、病理組織学的検査にも送られた。 術後の痛みについては、フォローアップ訪問で患者は鎮痛剤を使用する必要があるかどうか尋ねられていました。 また、彼らはスピーチや食事中の不快感や困難について尋ねられました。

結果

細菌の成長

グループ1および24時間および72時間のインキュベーション後の88%が–ve細菌の成長を示した(22のうち25)一方、12%(3の25)は+ve細菌の成長

図1:グループ内の細菌の増殖1

図1: グループ1の細菌増殖

図を表示するにはここをクリックしてください

グループ2ではすべての25の文化は図表でグラフ化されるように肯定的な細菌の成長を示しました2

図2:Group2における細菌の増殖

図2: グループ2の細菌増殖

図を表示するにはここをクリックしてください

痛みと不快感

図表3は、グループ315の25(60%)の被験者がいくつかの痛みを経験し、グループ21の25(84%)が痛みを経験し、鎮痛剤を必要としながら、グループ2の25(84%)が痛みを経験し、鎮痛剤を必要としていることを示した。

図3:鎮痛剤の必要性

図3: 鎮痛剤の必要性

図を表示するにはここをクリックしてください

グループ2の被験者はすべて、手術後および歯周パックの除去前にスピーチおよび食事にいくつかの不快感を経験したが、グループ1では患者のどれも不快感を経験しなかった。 フィギュア4

図4:不快感

図4:不快感

図を表示するにはここをクリックしてください

プラークと歯肉指数

グループ1のプラーク指数の平均は、1回目の訪問で1.22、0であった。2回目の訪問で38、3回目の訪問で0.417、グループ2では1.37、0.39、1.31でした。

歯肉指数については、グループ1の平均は1回目、2回目、3回目の訪問で1.18、0.449、0.534であり、グループ2では1.34、0.523、0.914であった。 (表1)

表1:グループ内の歯周パラメータの記述統計

グループ 私は
1回目 2回目 3回目
グループ1 1.22 + 0.49 0.3 8+ 0.26 0.417 + 0.18
グループ2 1.37+ 0.64 0.39+ 0.19 1.31 + 0.36
W
グループ1 1.18 + 0.451 0.449 + 0.271 0.534 + 0.275
グループ2 1.34 + 0.299 0.523 + 0.3 0.914 + 0.88

t検定を用いて、2回目と3回目の訪問ではプラーク指数の手段と歯肉指数の手段の間に有意差が高かったが、2回目の訪問ではプラーク指数の手段と歯肉指数の手段の間に有意差はなかった。1回目の訪問ではプラーク指数の手段と歯肉指数の間に有意差はなかった。 (表2)

病理組織学的検査

従来の歯肉切除術中に直ちに採取された生検では、緻密な線維性結合組織間質および層状扁平上皮が示されたが、レーザー生検では壊死性上皮および層間の明確な境界のない燃焼様の外観が示された。

七日後、二次生検が行われ、従来の歯肉切除術では、高密度の炎症性浸潤細胞を有する中等度の線維性結合組織が採取された。

レーザー生検では、炎症細胞が少なく、組織学的治癒が良好であることを示唆する明確な再上皮化を有する高密度線維性結合組織が明らかになった。

表2:2回目と3回目の訪問の間のt検定

歯周パラメーター グループ 2回目の訪問 3回目の訪問 t-テスト P値 Sig。
プラーク指数 グループ1 0.383 0.417 -0.53 0.601 NS
Group 2 0.388 1.305 -11.3 <0.001 HS
Gingival index Group 1 0.449 0.534 -1.09 0.27 NS
Group 2 0.523 0.914 -2.07 0.04-6359-5837

ディスカッション

メスによる従来の歯肉切除術を行うか、レーザーを使用するかどうかを決定することは、多くの要因に依存し、我々の研究では、二つの方法 まず第一に、従来の歯肉切除術よりもレーザーで手術が容易かつ迅速であった。 従来の歯肉切除術では出血が認められたが,レーザーでは比較的血が少なかった。 より少ない麻酔はレーザーのgingivectomyで必要です。16

レーザー歯肉切除術では、手術後の痛みは従来の歯肉切除術の痛みと比較して少ないことがわかりましたこれは、痛み受容体9を阻害するレーザーによ 17,18

従来の歯肉切除術患者では、歯周パックの除去時と週後の手段を比較すると、歯周パックが歯肉炎症につながるプラークの保持因子として作用する歯周パックの存在によって説明することができる

組織学的には、7日後に採取された生検では、炎症細胞の浸潤が少なく、上皮化が良好に改善されたレーザーで見られた。傷および収縮をの減らします 傷はこうして治療を改善し。19

  1. モスビーの歯科辞典第2版 ©エルゼビア. 2008
  2. Garguilo A.、Wenz FおよびOrban B.人間のdentogingival接合部における次元と関係。 歯周病学のジャーナル。 1961;32:261-267.
    CrossRef
  3. Levine RとMcguire M.グミスマイルの診断と治療。 コンペンディウム 1997;18(8):757-764.
  4. Allen E.mucogingival外科的処置を使用してエステを強化する。 デント-ノ-アメルのクリニック。 1988;23:307-330.
  5. Funde S.,Baburaj M.D.,Pimpale S.K. 薬剤誘発性歯肉過成長の治療におけるレーザー、電気焼灼およびメスの比較:症例報告。 IJSS症例報告&レビュー. 2015;1(10):27-30.
  6. クラヴィッツN.DとKusnoto B.歯列矯正における軟部組織レーザー:概要。 歯列矯正と歯科顔面整形外科のアメリカジャーナル。 2008;133(4,1):110-114.
  7. 歯周病レーザーのアメリカ歯周病学会の研究科学と治療委員会。 J歯周病 2002;73:1231-1239.
    CrossRef
  8. Ozcelik O.,Haytac M.C.,Kunin A.,Seydaoglu G. 歯肉切除手術後の低レベルレーザー照射による創傷治癒の改善制御された臨床パイロット研究。 Jクリン歯周病… 2008;35:250-4.
    CrossRef
  9. Ize-Iyamu I.N.,Saheeb B.D.,Edetanlen B.E.810nmダイオードレーザーと歯科矯正軟部組織における従来の手術との比較図6:7日後の初期治癒Funde,et al. 薬物誘発性歯肉過成長におけるレーザー、電気焼灼、およびメスの比較30IJSS症例報告&レビュー。Ghana Med J.2013;47:107-11.
  10. Fornaini C.,Rocca J.P.,Bertrand M.F.,Merigo E.,Nammour S.、Vescovi P.Nd:歯科矯正学の処置と関連している柔らかいティッシュの外科管理のYAGそしてダイオードレーザー。 フォトメッドレーザー手術.2007;25:381-92.
    CrossRef
  11. Pirnat S.、Lukac M.、Ihan a.着色されたおよびnonpigmented細菌のendodonticsで使用されるNd:YAGおよびダイオードレーザー変数の直接殺菌効果の調査。 レーザー Med Sci. 2011;26:755-61.
    CrossRef
  12. Christensen G.J.レーザーと電気手術による軟部組織切断。 米国歯科医師会のジャーナル。 2008;139:981-984.
    CrossRef
  13. Sarver D.MとYanosky M. 矯正歯科における審美歯科の原則:パート2。 柔らかいティッシュのレーザー技術および化粧品のgingival輪郭を描くこと。 歯列矯正と歯科整形外科のアメリカジャーナル。 2005;127(1):85-90.
    CrossRef
  14. Lo≤H.歯肉指数、プラーク指数および保持指数システム。 J歯周病 1967;38(l):610.
    CrossRef
  15. Loe H.Silness:妊娠中の歯周病。 アクタ-オドントル-スカンド 1963;22:533.
    CrossRef
  16. Pourzarandian A.,渡辺H.,Ruwanapura S.M.,青木A.,石川I.低レベルErの効果:培養したヒト歯肉線維芽細胞にYAGレーザー照射を行う。 J歯周病 2005;76:187-193.
    CrossRef
  17. Haraji A.,Rakhshan V.Chlorhexidine gelおよびより少なく困難な外科は乾燥したソケット、伝染および鎮痛性の消費のために制御する術後の苦痛を減らすかもしれません割れ目制御された無作為化された臨床試験。Jオーラルリハビリ… 2014. 土井:10.1111/joor. 12230.
    CrossRef
  18. D’Arcangelo C.,Nardo D.D.F.,Prosperi G.D.,Conte E.,Baldi M.,Caputi S. ラットの口頭ティッシュのメスの切り傷対ダイオードレーザーの治療の予備の調査臨床、組織学的な、およびimmunohistochemical結果の比較。 口頭Surg口頭Med口頭Pathol口頭Radiol Endod。 2007;103:764–773. 土井:10.1016/j.tripleo.2006.08.002.
    CrossRef
  19. Zeinoun T.,Nammour S.,Dourov N.,Aftimos G.,Luomanen M.レーザー切除創傷の治癒における筋線維芽細胞。 レーザーはMedをSurg。 2001;28:74-9.
    クロスリファレンス
共有ボタン

(アクセス数4,340回、今日の訪問数3回)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。