Amarengo

Articles and news

ギリシャ語とラテン語の違い

ギリシャ語とラテン語

あなたが言語の愛好家であれば、あなたはすでにギリシャ語とラテン語が何であるか、世界の言語のランキングに立っている場所、そしてなぜ彼らが今日と同じくらい重要であるかを知っているかもしれませんが、ギリシャ語とラテン語の違いを知りたいかもしれません。 あなたが答えを求めているならば、この記事はあなたが2つの言語とそれらの違いについて理解するのを助けるかもしれません。 二つの言語の間の主な類似性は、それらの両方が言語のインド-ヨーロッパ語族に由来するということです。

ギリシャ語とは何ですか?

ギリシャ語は主にギリシャで話されている言語です。 また、南バルカン半島、エーゲ海諸島、西アジア小アジア、キプロスの母国語でもあります。 また、ギリシャとキプロスの公用語であるギリシャ語は、最も長い歴史を持つ言語として知られています。 ギリシア文字の文字体系は、フェニキア文字から派生したギリシャ語のアルファベットである。 ギリシャ語は、歴史は紀元前4世紀に戻って約実行されているの非常に強力なギリシャ文学を包含します。 ギリシャ語はまた、古典期の時代にはリンガフランカ(他の言語の話者の間のコミュニケーションに使用される任意の言語)でした。 ギリシャ語の歴史に関しては、原始ギリシャ語、ミケーネギリシャ語、古代ギリシャ語、コイネギリシャ語、中世ギリシャ語、現代ギリシャ語の六つのサブピリオドを特定することができる。 ギリシャ語の言語的性質の面では、それはdiglossiaと言語として認められています: 書かれたものと話されたものの種類が異なる状態。 その音韻、形態学、構文と語彙で、ギリシャ語は、一般的に豪華な言語として認められています。

ギリシャ語とラテン語の違い

ラテン語とは何ですか?

ラテン語は、インド-ヨーロッパ語族に由来し、ローマ帝国の間に話されていた古代言語です。 ラテン語で書かれた文章はまだ存在していますが、ネイティブスピーカーのコミュニティなしで絶滅した言語と呼ばれています。 世界の他の言語が徐々に進化するにつれて、ラテン語はローマ-カトリック教会の一部のグループを除いて人々によって話されていないという事実のために変 ラテン語も中世ヨーロッパでは共通語であり、古典ラテン語と下品ラテン語の二つのサブブランチに分類されていた。 それはフランス語、イタリア語、スペイン語などのような現代の言語が下品なラテン語からです。 から進化した。 ラテン文字はラテン文字と呼ばれる文字を使用している。 ギリシャ語のように、ラテン語もそれが強力なツールだった時に教えられ、学ばれるべき言語でした。

ラテン語

ギリシャ語とラテン語の違いは何ですか?

*ギリシャ語はギリシャ、キプロスおよび他のいくつかの国のネイティブおよび公用語であり、ラテン語はローマ人の言語でした。

•ギリシャ語は生きている言語であり、ラテン語はしばしば絶滅した言語と呼ばれています。

•ギリシャ語は古典期の間は共通語でしたが、ラテン語は中世の間は共通語でした。

•ギリシャ語とラテン語の両方の言語はインド-ヨーロッパ語族に由来していましたが、ラテン語は後にロマンス語と呼ばれる言語群を生み出しました。

•古代ギリシャ語とラテン語は動詞-最終文構造で構成されていましたが、現代ギリシャ語はVSOまたはSVO構造に変更されました。

•ラテン語とギリシャ語は異なるアルファベットを持っています。

•多くの科学的、技術的、医学的な言葉はギリシャ語のルーツに由来し、ラテン語は他の多くの言語に言葉を貸しました。

ギリシャ語とラテン語は、性別、場合、名詞の語形変化など、多くの文法的特徴を共有していますが、ギリシャ語とラテン語の間には、その起源、歴史、その他の概念に注目することができる微妙な違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。