Amarengo

Articles and news

イエスの真のアイデンティティ

By Pastor Ron Jones,D.D.©The Titus Institute,2002

イエス・キリストの神性と人間性のための聖書の証拠

イエス・キリストは、神性と人間性の二つの性質を持つ一人でした。 彼は完全に神であり、完全に人間であった。

I.イエス-キリストは完全に神であり、三位一体の二番目の人であった。

A.イエスは自分が神であると主張しました。

1. イエスはメシア、神の御子

マットであると主張しました。16:15-17

“神の子”は、三位一体の中で父との別の人格と愛の関係の面で彼の神格を説明し、罪のために十字架上で死ぬために父に服従して送られたものとし それは劣等感の任意のフォームを伝えるためのものではありません。

2. イエスは父

Jnと一つであると主張した。10:30-33これらは

Jnの主張です。14:6-11一つの本質と自然。

3. イエスは神としての崇拝を受け入れました

マット。4:10(イエスは神だけが崇拝されるべきであると言います)

Jn.20:25-28

4. イエスは人間になる前に神として存在していたと主張しました

Jn8:58-59

5. イエスは神の権威を持っていると主張しました

a.罪を許すc.救うために

マット.9:6イサ。43:11

出エジプト。34:6-7Jn.12:47

b.判断するd.真実を話す

Jn.5月22日、27日にメジャー契約を結んでアクティブ-ロースター入り。43:12

18:25Jn.5:19,24,25;マット.7:24-29

b.使徒たちはイエスが神であると主張した。

1. 使徒たちはそれを述べました。

タイタス2:13

2 ペット1:1

2. 使徒たちは、イエスが人になる前に存在していたと主張しました。

ジョン1:1

“言葉(三位一体の第二の人、息子)は神(三位一体の第一の人、父)と一緒であり、言葉は神(最初の人と同じ神の性質とされています)でした。 これは三位一体の声明であり、多神教の声明ではありません。”Jnを参照。10時30分、Jn.14:9-11

Jn.1:15, 30

Col.1:16

C.聖書は、イエスは神の名誉の称号を持っていると主張しています

1. Savior4. 最初と最後の

Isa。43:3、10-11イザ。41:4

1:47イサ44:6

4:42Rev.1:17

Tit.1:3-4 2:8

2 ペット1:1 22:12-16

2. クリエーター5. 王の王、主の主

イサ。時40分28秒)6:15

42:5Rev.17:14

Jn.1:3Rev.19:16

Col.1:16Deut.10時17分136:2-3

3. Shepherd6. 栄光と名誉

Ps.23:1イサ。42:8; 48:11

Ps。80:1マット。28:19(“name”=名誉)

Jn.10:11Rev.5:11-14

II.イエス-キリストは完全に人間であり、人間の本性と体を持っています。

A.イエスは彼が男であると主張しました。

8:40

16:15-16

16:27-28; 17:22

“人の子”=イエスは、すべての人類を贖うために来た人間の救世主としてこの自分自身のタイトルを使用しています

イサ。9:6

ダン。7:9-14

Mk.14:61-62

b.使徒たちは、彼が男であると主張した。

1回2:5

1:1

アブラハム

C.イエスの地上の生活は、彼が男であることを示しました。 彼の人間の特徴は、彼の人間性(および身体)に当てはまりました。

2:40-52イエスは

ヨハネを成長させました。4:6イエスは疲れた

マットになった。4:12イエスは空腹だった

Jn.19:30-34彼は死んだ

キリストにある二つの性質の組合とその解釈

イエス-キリストは二つの性質、神性と人間性を持つ一人でした。 彼は完全に神であり、完全に人間であった。 キリストの二つの性質は統一されていますが、混合されていません。

イエスは人類の贖い主として服従の役割を担い、御父の権威の下に身を置いた

聖書は、神と人間の両方として御父の御心に服従した一人として、贖い/メシ

イエスの救世主の称号、贖い主、預言者、祭司、王は彼を神-人と呼んでいます。

A.彼は人間になり、父が贖いの計画のために彼を望んだように、彼の神の属性を行使しただけです(彼はまだ彼の神の性質を持っていました)。

6:48わたしは彼の御心を行うために来ました。

26:42

4:34

彼は彼らを自分の人生を生きるために使ったのではなく、贖いの計画を達成し、神性を明らかにするためだけに使ったのである。

B.神-人、救世主、贖い主として、彼は父なる神から贖い主として行動し、自分自身を明らかにし、人類を救い、裁きを下す権限を与えられました。

1. 彼は贖いを達成するように父はイエスを通して働いています。

5:19-30

私は父親が自分の仕事をしているのを見て、それをコピーする”見習い”の息子のようなものです。 御父は贖いの働きをしておられ、わたしはそれをしておられ、御父に従い、わたしの働きをしています。 私たちは二人とも働いています。 しかし、私は単に彼を追っています。

10:38父はわたしのうちにあり、わたしは父のうちにある。

12:49-50

なぜなら、わたしは自分の意思で話すことはなかったが、わたしを遣わした父は、何を言うべきか、どのように言うべきかを命じたからである。 だから私が言うことは、父が私に言うように言ったことだけです。

14:10

私があなたに言う言葉は私自身のものではありません。 むしろ、自分の働きをしているのは、わたしの中に住んでいる父である。

10:31,38

私が奇跡を起こすとき、父は奇跡をしています。

2. 父はイエスにあって聖霊の力によって働いています。

12:28

呂。4:14-18

3. イエスが天に昇った後、父は彼に神の人としての神の栄光と名誉を与えました。

17:5

息子自身の栄光は、彼が天国に戻ったときに回復されました。

2:9-11

父なる神は、彼を右手に神の人として崇め、尊びました。

神として、彼は栄光と名誉を受ける必要はなかった(彼はすでにそれを持っていた)、神-人間として、彼はそれを受ける必要がありました。 彼が父なる神の右座にいるのは、神-人としての今です。

イエスは父なる神と同じ存在ではないという彼らの概念を支持しているように見える様々な特定の聖句にどのように答えるのでしょうか?

この2つの戦略を使用してください

1. 聖書は明らかにイエスは神と人間の両方だったと述べていることを示しています。

2. そして、私たちはいくつかの通路は、イエスの神を参照し、いくつかは、イエスの人間性と父への服従における彼の役割を参照していることを驚かすべきではないと言います。 私たちは、イエスが神と人間の両方であるという明確な声明と矛盾しない説明を選択することによって、どちらがどちらであるかを決定します。 そうでなければ、聖書はそれ自体と矛盾しています。

以下は、イエス-キリストが神-人であることに関連する特定の詩に関する質問に対するいくつかの回答です

1. マット24:36イエスが万物を知っておられる神であるならば、どうしてその時を知ることができないのでしょうか。

マット24:36イエスは時間を知らない

Jn.21:17イエスはすべてのことを知っている

イエスが人になったとき、彼は父が贖いの計画のために意志したように、彼の神の属性を行使しただけです(彼はまだ彼の神の性質を持っていました)。 だからこそ、彼はすべてのこと(彼の神の知識)を知ることができ、ナサニエルが木の下に座っていたことを知ることができます(Jn。1:48)そして、まだ彼の来る時間を知らない(彼の人間の心は知りませんでした)。

4:346:48イエスは父の御心を行うために来られた。

12:49-50イエスは父が彼に指示したように神の真実を語った

Jn.5:19イエスは、父が行うために彼に明らかにした神の奇跡をしただけです,”息子は父が行うことだけを行うことができます.”

イエスの人間の心の面で再臨の時を知っているのは父だけです。

したがって、彼は神の全知を行使しなかったので、時には神の全知を行使しなかった。 ここでは人間として、彼は確かに知らなかったし、彼の神の全知は彼にそれを明らかにするために彼の人間の心の中で活性化されませんでした。

天使たちも知らなかった。

第1幕:7イエスは、日付は、送信者としての父の権威によって固定されたと贖いの計画では、彼が地上にいた間、息子が知っているためではなかったと言いま

時間を知るために神の属性を行使しないことは、人間としてのイエスに対する贖いの神の計画の一部でした。

だから、これは彼の人間性とその限界を指しています。

Rev.1:17-18

イエスは彼の栄光の中に現れます-彼の神の属性を完全に使用することは回復され、イエスは未来を知っています。 彼はそこにいます。

2. Jn.5:20-2328:19イエスはすでに神の子としてそれを所有しているとき、どのようにして父によって力と権威を与えることができますか?

それは神の御子として贖いの計画における御父の御心に服従した結果である。

イエスは、神と人の両方として父の意志に服従した人として、贖い/メシア的な役割を果たしている自分自身を指しています。

神-人、救世主、贖い主として、彼は自分自身を明らかにし、人類を救い、裁くための両方の贖い主として行動する権限を与えられました。

17:3

Jn. 10:14-18

3. ルー6:12神であるキリストは、どうして神に祈ることができるのでしょうか。

17:1

キリストは、私たちが父に祈るのと同じように、人として父に祈りました。

彼の神性と人間の性質は統一されていましたが、異なっていました。 イエスは父の意志に従って彼の神性を示すために彼の神の属性を行使しただけです。

彼は日常的に生活様式としての相互主義的なコミュニケーションを行使しなかった、または彼は男として生きることをやめるだろう。

神の御子は、奴隷の形をとり、父に従順で、生き方として父に依存していました。

祈りは、その服従と父への依存の一部でした。

27:46キリストはその人間性の中で人として神に叫ばれました。

26:38わたしの魂(人間)は、死に至るまで非常に悲しんでいます。”

Jn.13:21彼は人として霊に悩まされた。

4. マット27:46イエスが父と一つであるならば、どうして見捨てられることができるでしょうか。

10:30イエスは父と一つであると言われた。

1匹。2:24イエスは自分の体に罪を負われた。その罪を負われたのはその人の本性であり、見捨てられたのはその人の本性であった。

イエスが罪の罰を払っていた罪を負うその瞬間、罪の裁きの中で、父はイエスを人間として拒絶し、イエスはそれを人間として感じ、神に叫んだ。

5. マット4:1-11イエスが神であるならば、イエスはどのように誘惑されるでしょうか。

1:3神は誘惑されることはできません。

4:15イエスは誘惑された。

彼は人間性の中で男として誘惑された。 神としてではない。 神は誘惑されることはできません。

アダムとエバは堕落した性質を持っておらず、誘惑されました。

6. Jn. 14:28イエスが神でもあるなら、父はどのようにしてイエスよりも大きくなることができますか?

本当の問題は”何の面で大きい?””Greater”は比較に使用されます。 比較されているのは何ですか? イエスはどのように父と自分自身を比較していますか?

彼の性質、彼の役割、彼の権威、彼の力、彼の何の面で?

イエス、神性、人間性、贖いにおける彼の役割に関する上記の聖句をまとめると、彼は明らかに贖いにおける彼の役割について話しています。

イエスは、贖い主としての彼の提出された役割において、彼に対する父の権威と彼の人間性の両方との関係において、彼自身について話しています。

明らかに、父はイエスが服従していたように権威においてより大きく、イエスの人間性に比べて神性においてより大きかった。

これは、v.28の文脈から見ることができます。

なぜイエスは父が彼よりも大きいと述べているのですか?

だから弟子たちは彼のために喜ぶだろう。 彼は今、彼は再び神であることの完全な祝福を経験するだろう父に戻っていました。 彼は再び彼の完全な栄光を経験している父と同じように”偉大”になるでしょう。

これはヨハネによる福音書第17章5節と並行して、イエスが世が始まる前に持っていた栄光(神として天国での栄光を楽しんでいる)に言及していると

彼の神性において、イエスは同じ栄光と偉大さを持っていましたが、地上ではその栄光と偉大さを完全に経験していませんでした。 彼は今、それを完全に再び経験することに戻ろうとしていました。 彼の弟子たちは彼のために幸せでなければなりません。

要約:これらの聖句をカルトと解釈するときは、次の2つの戦略を使用してください。

1. 聖書は明らかにイエスは神と人間の両方だったと述べていることを示しています。

2. そして、私たちはいくつかの通路は、イエスの神を参照し、いくつかは、イエスの人間性と父への服従における彼の役割を参照していることを驚かすべきではないと言います。 私たちは、イエスが神と人間の両方であるという明確な声明と矛盾しない説明を選択することによって、どちらがどちらであるかを決定します。 そうでなければ、聖書はそれ自体と矛盾しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。