Amarengo

Articles and news

で5素晴らしいラストマイルキャリアスタートアップ2021

配送サービスの需要は急速に増加しており、業界の専門家はこの傾向が今後数年間で拡大し続けると予想しています。 需要のこの急速な成長に対応して、いくつかのラストマイルキャリアスタートアップは、市場に参入しています。 これらの新規参入者は、配信市場を揺るがしている革新的な機能やサービスの様々なを提供しています。

この記事では、ラストマイルキャリアを選択する際に考慮すべき主な機能を見てみましょう。 私たちは、進化する顧客の期待を見てみましょう。 また、トップラストマイル配信スタートアップの五つを比較し、それぞれの長所と短所を識別します。 最後に、組織の特定のニーズに基づいて適切なサービスを選択する方法に関するヒントを提供します。

ラストマイルデリバリーの基本

これらのサービスを提供するスタートアップのいくつかを見る前に、”ラストマイルデリバリー”という用語が何を指しているのか、なぜあなたとあなたの顧客のニーズを満たすことができるプロバイダを選ぶことが非常に重要なのかを理解することが不可欠です。

ラストマイルデリバリーとは何ですか?

ラストマイルデリバリーとは、商品を目的地に配送する際の最終レッグのことです。 この脚は、最寄りのハブまたは倉庫から顧客の家への移動に関連しています。 言い換えれば、それは製品の旅の最後のステップです。 ほとんどの場合、この脚は旅の最短距離です。 但し、この足はこの企業の最後のマイルの兵站学の会社の大半の多くの圧力の焦点である。

あなたも読むのが好きかもしれません:
ラストマイル配信とは何ですか?

なぜラストマイル配信が重要なのですか?

それは非常に非効率的である可能性があるため、不可欠です。 ラストマイル配送会社の配送経験と輸送管理におけるこれらの非効率性は、多くのお金を要することになり、顧客の信頼を失う可能性があります。

これらのラストマイル配送業者とラストマイル配送会社は、多くの住宅や企業に荷物を配送する責任があるため、非効率性が発生する機会が多 計画されていないルートは、不必要な追跡につながる可能性があります。 不明確なドロップオフの方向は、パッケージが間違った場所に残される可能性があります(例えば、バックドアの代わりにフロントドア)。 悪天候や必要な署名も配達を遅くする可能性があります。

迅速に計画し、より速く提供し、顧客を喜ばせ、早く家に帰る。

誰もがシンプルで簡単なルート計画を持っているに値する。

今すぐ始める

これらの非効率性はすべて加算されます。 そして、彼らは同様に価格とボトムラインに影響を与えます。 データは、最後のマイルの配達がすべての送料の最大53%を占めることができることを示唆しています。

さらに、最終的なマイル配信は、多くの場合、顧客との直接の相互作用を伴うので、貧しい経験は、あなたのビジネスに悪い反映することができます。 一方では、敏速で、肯定的な経験はより高い顧客満足に貢献できます。

ボトムラインのコストと顧客満足度の両方が危機に瀕しているため、ビジネス固有のニーズを満たすラストマイル配送会社を選択することが重要 誰もがイノベーション、ドローンなどの新しい方法、データ分析を使用してより大きな市場シェアを取る機会が開かれています。 配達工業の革新を思い付いている複数の最後のマイル配達新興企業がある。

ラストマイル配送サービスを選択する際に考慮すべき要因

このセクションでは、キャリアを選択する際に考慮すべきいくつかの重要な機能を見

ラストマイル配送サービスを選択する際に考慮すべき重要な要因

ラストマイル配送サービスを選択する際に考慮すべき重要な要素

スピード

配送速度の必要性を過小評価することはできません。 今日の顧客は、Amazonや他の大手eコマース小売業者のような物流会社から非常に迅速にパッケージを受け取ることに慣れています。 多くの場合、彼らは異なるルーティングポイントで倉庫から出荷ドライバーと車両を使用しています。

もちろん、サプライチェーンには多くの段階があります。 このサプライチェーンは、元の製造から最終目的地までの範囲です。 最後のマイルは、それらの足の一つだけです。 それでも、今日のキャリア追跡技術では、顧客はしばしばパッケージが地元のハブ/倉庫に到着したときの情報を見ることができます。 配達がすみやかに起こらなければ、顧客満足はおそらく苦しみます。

効率

効率は、最終的な目的地に到達する際にスピードを伴って部分的に小包になります。 効率的な企業は、洗練されたルート計画ソフトウェアから、各住居やビジネスで標準化された配送プロセスに従うよく訓練されたドライバーまで、配送のあらゆる側面を管理するための技術とシステムを備えています。 効率的な最終的なマイルキャリア追跡プロセスは、すべての業界(家具から家電製品、食品、またはそのことについては何か他のもの)の遅延や在庫のよ それは会社に実行し、役立っている皆の期待に応じる容量を与える。

コスト

コストは常に重要ですが、最も費用対効果が高いと思われるため、最も安いオプションを選択することに注意してください。 ラストマイルサービスプロバイダは、顧客サービス、技術、およびその他の機能をスキミングしている場合は、顧客を失い、作物アップ問題に対処するより多

テクノロジー

物流業界の多くの新しいスタートアップは、確立された支配的な選手に革新的な技術ソリューションでお金のために実行を与えています。 特殊なソフトウェアは、より良い配信データ、より高い効率、およびより少ないエラーに貢献することができます。 ルートの最適化から機械学習、輸送管理、配達証明、発送まで、すべてを洗練された運送業者追跡ソフトウェアでより適切に管理できます。 それは最後のマイルの配信に来るとき、あなたのビジネスのニーズを理解することは、あなたが最高の技術の一致を識別するのに役立ちます。

カスタマーサービス

顧客の期待を超えることの重要性を割り引いてはいけません。 この日および年齢では、顧客中心のアプローチは絶対必要である。 問題が発生した場合は、通信事業者に連絡して問題を迅速に解決できることを知りたいと考えています。 方程式の顧客に面した側では、final mileの配送会社が優れた顧客コミュニケーション(注文の配信通知、注文追跡など)とサービス中の配信体験に対して確 要するに、標準はクライアントのために高く、より高く、自分の好みを満たすことが最優先です。

ラストマイルキャリアのトップは誰ですか?

四大企業が米国にサービスを提供しています。 そのうちの3つは民間企業です:FedEx、UPS、およびDHL。

米国政府が運営するUSPS(United States Postal Service)もまた大きな役割を果たしている。 それはより長い期間のために作動したという点でビッグスリー上の利点を持っています。 最近まで、ビッグスリーは主に地元のハブ/倉庫に小包を得ることに焦点を当て、最終的な目的地の配達のためにUSPSと提携しました。

ラストマイルデリバリーのスタートアップ

近年、ラストマイルデリバリースペースには多くのスタートアップが登場している。 これらの新興企業は、配信をより効率的にするためにSaaSやその他の技術ソリューションを開発しました。 最終的な配達を実行するために地元の宅配便と多くのパートナー。 ロボットや自動運転車など、社内のキャリアを革新している人もいます。

以下の五つの米国ベースのスタートアップは、トップラストマイル配信候補であることが証明されています:

トップ5ラストマイルキャリアスタートアップ

トップ5ラストマイルキャリアスタートアップ

1 – Postmates

サンフランシスコに拠点を置くPostmatesは、顧客が地元の宅配便と出荷を接続することにより、地元のレストランや小売業者と配達を配置する機能を提 彼らの使命は、”地域社会が地元の買い物をするように力を与え、市場を通じて企業が成長するように力を与えるだけでなく、配信を提供するために私たちのAPIを活用することです。’

Postmatesは500,000人以上の艦隊メンバー(Postmatesと呼ばれる)と600,000人の商人を誇っています。 彼らはすべての50州の多くの場所で米国の世帯の80%にサービスを提供しています。

2–宇宙船

未来が到着しました。 スターシップは、文字通り、いつでもどこでもあなたにサービスを提供する準備ができてロボットのネットワークを構築し、展開することにより、出荷と配達の顔を変え、変化しています。 2014年に設立された同社は、都市部の地元のレストランや小売業者と提携して、地元の配達をより速く、よりコスト効率の高いものにしています。 現在、ロボットは6kmの配達半径を持ち、歩行者の速度で移動します。

ロボットの艦隊は、現時点ではいくつかの制限を提示していますが、ロボットはおそらく増加します。 これらの課題が満たされ、機能が進化すると、消費者と市場がトレンドに追いつくまでは時間の問題です。 この推測では、Starshipは市場のシェアを高め、宇宙での先発の優位性を誇っています。

3–Deliv

Delivはシリコンバレーに拠点を置く別の会社で、ラストマイルデリバリーのソリューションを宣伝しています。 Deliv last mile delivery startupsは、Best Buy、Home Depot、Blue Apronなど、米国全土の何千もの企業に同じ日のlast mile deliveryサービスを提供しています。 Sla、GPS対応スマートフォン、sおよび統合されたエンタープライズソリューションを活用して、同社は歴史の中で初めて、最速かつ最も柔軟な同じ日の配達’

Delivは、Deliv Small Business、Deliv Enterprise、Deliv Fresh(食料品や食事の購読用)、Deliv Rx(薬局、病院など)の複数のプラットフォームによって証明されるように、同じ配送スペースで長期的なビジネ)

4–Ship Hawk

カリフォルニア州サンタバーバラに本社を置くShip Hawkは、配送を管理するSaaSプラットフォームを提供しています。 彼らの独自のソフトウェアは、自動化された注文の履行を可能にし、すべての注文が適切な倉庫から出荷され、適切な箱に梱包され、最も適切なキャリ

5–Matternet

空は、そのドローン技術を通じて最後の分の配信に革新的なソリューションを提供していますカリフォルニア州に拠点を置く企業Matternetのための限界です。 UPSはすでにmatternetと提携して、ドローン配信サービスを提供しています。

彼らの会社が述べているように: “当社の製品は、今日使用されている他の輸送方法のわずかな時間、コスト、エネルギーで、空気を介して、オンデマンドで商品を輸送する荷送人のためのドローン物流ネットワークを構築し、運用するために、世界中の組織を可能にします。’

ドローン技術と空を活用しない将来の配送運用システムを想像するのは難しいです。

よくある質問

現在、米国に就航している主要な4つの航空会社は、FedEx、UPS、DHL、およびUSPSです。 電子商取引の出現以来、この業界の爆発がありました。 今日の多くの新興企業は、この業界を混乱させ、主要なプレーヤーの優位性に挑戦しようとしています。

ラストマイルデリバリーは、1990年代から劇的に発展した新しいサービスです。要するに、最後の倉庫や配送ハブから消費者のドアまでの配送の一部です。 ほとんどの部分については、それはトラックの使用で起こり、配達運転者は配達サービス-プロバイダの部分を形作る。 多くは、AmazonとeBayは、北米での電子商取引の販売をジャンプ開始したと言うでしょう。

結論

サプライチェーン全体ですべての競争を打ち負かすラストマイルサービスは誰もありません。 ここでの重要なメッセージは、多くのオプションがあります:これはもうあなたの古き良き郵便局ではありません。 それはあなたのビジネスまたは構成の特定の必要性のための右のマッチを見つけることに来、ある特定の配達経験を提供できる。 あなたが地元の顧客にサービスを提供する都市の食料品店なら、あなたのための最高のサービスは、おそらく都市と農村の配達オプションを持つ全国の小売業者のためであるのと同じではないでしょう。 また、この記事では、現時点ではスタートアップとはみなされないため、Amazon Flexを含めました。 あなたのビジネスが今必要とするものを知り、これらの必要性がいかに未来展開するか予想することは最後マイルのキャリアの選択に来るとき助 私達はこの記事があなたが作る必要があるこれらの決定のいくつかをするのを助けたことを望む。 いつものように、私たちが逃したものやあなたが私たちに触れたいものがあれば、私たちに連絡し、私たちに知らせてください!

免責事項

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。